横浜市南区少年野球チームの横浜ブレイズです。できたばかりのチームですが、スタッフはみんな経験豊富で、子供と野球が大好きです。 マネしてみるとわかるのですが、この姿勢はかなり窮屈です。股関節や胸郭の柔軟性がないととてもできません。 少年野球キャッチボールの基本 ボールの投げ方の練習法 野球を始めたばかりの子がまず最初にやる練習がキャッチボールではないでしょうか? キャッチボールは、スローイングや捕球を身に付けるとても大切な練習 … 少年野球チームの選び方. 【少年野球ピッチャー】下半身の力をうまく上半身に伝える方法とは? 【中学生】の為の変化球の投げ方講座「スライダー編」 【少年野球ピッチャー】膝割れを直すフォームの矯正方法とは? 手投げの子供は早めの修正!高校でも手投げの子がたくさんいる現実少年野球の指導をしていて思うのが、手投げや手打ちの子供ってやっぱり伸びない。野球は手でボールを持って手で投げる。手でバットを持って手で打つ。でも手じゃなくて足なんだよ! 野球少年が正しい投げ方を身につける練習法とは? 低学年の野球少年が担ぎ投げをしているなら、 うちのチームでもよくやっている以下の練習法が効果的です。 (右投げの場合) 1、投球方向に対して全身を右に向いて立ちます。 向いてる子・向かない子; 女子の少年野球; 試合の見学方法; 体験練習の参加方法; 小学校以外のチーム探し; ママ友からの情報; 色々なチームの特徴. 少年野球でフライの取り方指導と練習方法はこれだ! 守備において、打球はゴロとフライです。ゴロの捕り方は別記事でお届けしましたが次はフライを捕る練習です。... 佐々木希の中卒には理由があった!アナザースカイで見せた素朴な可愛さと彼氏像? それぞれの動きについて説明します。説明の際、「軸足」とか「踏み出し足」という言葉を使いますが、右ピッチャーの場合、軸足は、右足(プレートを踏む足)。踏み出し足は、左足のことを指します。, 大きな力で前に進むには、腰、膝、足首を爆発的に伸ばすことが大切です。これをトリプルエクステンションといいます。, トリプルエクステンションの際、足を伸ばす前に、適度に曲げることが必要です。三つの関節を適度に曲げることをトリプルフレクションといいます。, トリプルフレクションでは、軸足の膝を内側に折ってはいけません。メジャーリーグの速球派のピッチャーでは、むしろ膝をプレートに残して並進を始める動きが見られます。, 160キロ以上の速球をバシバシ投げるカージナルスのジョーダン・ヒックスです。軸足のヒザがプレート上に残っているのがわかると思います。, ヤンキースのチャップマン。169キロのMBLで最も速いボールを投げた選手です。この段階で軸足が倒れずに、ヒザがプレート上に残っていますよね。, シンダーガードは、最速160キロ以上、150キロ後半の速球を投げる選手です。彼もまた他の選手と同じようにヒザがプレート上に残っていることがわかります。, ブレイブス時代のキンブレルです。身体は並進を始めていますが、軸足のヒザはプレートの上にありますね。, 速い球を投げるには、踏み出し足を着地させたとき、軸足の甲と膝と腰がホームの方向を向いていて、さらに胸が三塁側を向いている(右ピッチャーの場合)ことが必要です。 The following two tabs change content below. 牽制の投げ方 爪ケアの仕方 <ピッチャー育成法>筋トレに注意! ピッチングフォームの考え方 Hot リリースポイントはどこ? 正しいボールの握り方 伸びのあるボールを投げるには Hot 牽制球について ピッチャーの身長について 少年野球の花形、ピッチャー。誰もがやりたがるポジションですが、少年野球では素質がズバ抜けている選手が投手として活躍することがほとんどです。少年野球でピッチャーに必要な素質の見分け方と、コントロールアップの投げ方のコツをご紹介します。 Copyright (C) 2020 BBバイブル|野球のルール、練習方法、筋トレを紹介 All Rights Reserved. それでも、中学、高校と進むうちに筋力が付いてきて、フォームが安定し、コントロールが改善されるはずです。 少年野球で初心者にはじめに教えるのは、キャッチボールです。野球の基本は、投げる・打つ・走る・捕るですが、キャッチボールはそのうちの二つを補える練習です。打撃にスランプはあっても守備にはスランプがないと言われるように打つことよりもまずは守るこ メジャーリーグの150キロ以上のボールを投げる選手は、190センチ100キロを超える大男が珍しくありませんが、それでも股割りをすれば180度開脚して胸がべったり付くほどの柔軟性を持っています。, ジョーダン・ヒックスの踏み出し足の着地です。軸足の甲とヒザ、腰がキャッチャー側を、胸は三塁側を向いていることがわかります。, チャップマンは、胸郭の柔軟性が非常に高いですよね。踏み出し足が着地したときに、下半身と上半身間に十分な捻りができています。チャップマンの軸足を見てください。甲、ヒザがキャッチャーを向いています。, キンブレルの着地です。他の選手と同じように、軸足の甲、ヒザ、腰がキャチャー方向を向いていますが、胸は三塁側を向いています。下半身と上半身の間に、大きな捻りがあることがわかります。, これはブレイズの選手の投球フォームです。踏み出し足の着地時に、胸は三塁側を向いていますが、軸足の甲とヒザがキャッチャー方向を向いていません。 野球の外野の送球のコツ!正確な投げ方、投げる方法とは? 野球の守備練習の上達方法!効果的な内野手のノックの打ち方とは? 野球の内野守備が上手くなるコツ!一連の動きで気をつけることは? 野球の内野守備が上達するコツ! 野球でスローイングが安定していると、悪送球などのミスを防げるたけでなく、セーフになるようなケースでもアウトにできる確率が高まります。野球をするうえで基本となるスローイング時の正しい投げ方やフォーム、内野手と外野手のスローイングの練習方法を解説します。 少年野球のキャッチャー(フォーム・盗塁阻止のコツ・フライの取り方・リードの仕方)は 少年野球のサードと二遊間の練習メニューは 少年野球の道具(ミット・防具・アンダーシャツ・グローブ・スパイク・バット)は マシーンバッティングは 投げ方 やグラブの ... 少年野球のチームレベルを平均に引き上げる練習時間と練習方法 . それだけ大切な柔軟性ですが、一部を除き、野球界ではそれほど重要視されていない気がします。 ピッチャーが投球フォームを固めるために行う シャドーピッチングは自宅でも簡単にできる練習方法 です。. ちなみに後ろでキャッチボールしている(赤丸で囲った)選手は、よい投げ方をしてますね。, 踏み出し足をつっかえ棒にするのと、捻りを一気に解放するのはほとんど同時に行われますが、時間的にはつっかえ棒がちょっと早くなります。, 下半身をストッパーにして並進を止め、腹筋を使って捻りを一気に解放して、指先を走らせて、ボールをリリースします。, キンブレルのフィニッシュです。踏み出し足を伸展させ、しっかりと体重を受け止めています。, 日本人選手はいないの? といわれそうなので、探したらいい写真がありました。千葉ロッテの東條選手です。, さて写真をつかって、目指すべきフォームと現状のブレイズの選手の問題点をあげながら、速いボールを投げる方法について長々と説明してきましたが、もう一度大切なことをおさらいしましょう。, 速いボールを投げられるピッチャー = 瞬発力がある × 柔軟性がある × 連動性がある, 「連動性がある」とは、以下のポイントをそれぞれ独立して行うだけでなく、一連の動きとして連動性を持たせて行うことを指します。, ただし少年野球選手の場合、筋力がまだ弱いので、この投げ方をすると下半身のブレにつながり、コントロールが乱れる場合があります。 スポンサードリンク 少年野球のピッチャーをテーマに、投げ方やコントロールについて、 再度お話したいと思います。 また指導者の方で来年度のエース候補選びに迷っているようでしたら、 ぜひご参考にしていただければと思います。 チームに入る前に. この記事では・肩が強くなりたい・肩が強くなる練習法が知りたいという小学生、小学生を教えるコーチの方に対して肩が強くなる練習法について書きました!具体的な数字も使って丁寧に説明しますのであまり野球を詳しく知らないお父さんでも理解してもらえると その力を利用して直線運動を回転運動に変えます。, ジョーダン・ヒックスのリリースです。踏み出し足が地面に対して鋭角になっていて、つっかえ棒の役割をしていることがわかります。, この画像ではリリースを少し過ぎていますが、チャップマンも踏み出し足をつっかえ棒のように使っているのがわかると思います。, ブレイズの選手のリリースです。踏み出し足が地面に対して直角になっています。この選手は、ブレイズで一番速い球を投げますが、踏み出し足をつっかえ棒のように使えるようになれば、もっと球速があがるはずです。 少年野球で105キロを超えるボールを投げることができれば、速球派のピッチャーになると思います。少々甘いコースにいっても簡単には打たれることはありません。 遠投の際、そもそもどのくらいの距離で投げれば良いのかとかいろいろと思うことがあると思います。, そこで、今回は、肩を強くする方法、コツなどを遠投の投げ方を通して、お伝えしていきたいと思います。, おそらく50メートル~60メートルの距離を自分の目線の高さくらいで投げられたら十分なのではないでしょうか。, たしかに遠投と言えば、90メートルとか100メートルくらいの距離を投げることが想像できると思います。, しかし、実際の試合で90メートルとか100メートルの距離を投げることは、まずないでしょう。, ですから、試合での遠投と言っても、実際には60メートルくらい、そして、それ以上の距離を投げるとしても70メートルくらい投げられれば大丈夫でしょう。, しかし、100メートルくらいの距離をノーバウンドで、投げようとして、かなりフライ上のボールを投げているのが多いのが現状だと思います。, たしかに、100メートルくらいの距離を遠投することで、投球フォームが小さくなっているのを、矯正するために投げているのなら、わかるのですが、, 試合では、まず、その100メートルくらいの距離を投げることは、まずないので、長い距離を投げる意味合いとしてはどうなのかなって感じです。, プロ野球選手でも、野手は基本的に50メートル~70メートルくらいの距離でしかキャッチボールしないのは、それ以上の距離が必要ないからだと思います。, 実際に、私が大学の時の試合前のキャッチボールでは、70メートルくらいの距離しか投げていませんでした。, 私がお伝えしたいのは、試合で必要なものを練習でも同じようにすることで、試合に活かしてほしいからです。, ですので、遠投といっても、試合に必要な50メートル~70メートルくらいをしっかりとライナーで投げることができれば、十分でしょう。, 50メートル~70メートルの距離では、ライナー性のボールを投げることを意識して投げるようにして下さい。, 70メートル~100メートルの距離では、自分の目線の高さくらいのボールをできる限り長い距離が投げれるように、おもいっきり投げてください。, この時のポイントは、ワンバウンド、ツーバウンドでも構わないので、下半身をできる限り意識して、低くて伸びのあるボールを投げるように意識して投げてください。, また、助走をしてもかまわないので、とにかく低くて伸びのあるボールをできるだけ長い距離投げるんだっていう意識で投げてください。, 結局は、それを繰り返せば、次第に伸びのあるボールが投げることができ、肩が強くなってきます。, 試合では、大遠投なんて、ほとんど必要ないので、60メートル~70メートルくらいの距離を矢のような送球ができるようになれば、強肩の仲間入りだと思います。, そもそも3塁から1塁までの対角線の距離が40メートル弱なので、50メールほどの距離を矢のような送球ができれば、内野手として、肩に関しては十分でしょう。, 守備力アップのためのこちらの記事がおすすめです。 幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。 2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。 他の ここでは、少年野球の選手が速い球を投げるにはどうすればよいのかを説明します。, ごく普通の選手でも速い球を投げられるようになりますが、それには条件があります。速い球を投げるために以下の身体能力が必要です。, ピッチングは、直線運動を回転運動にする動きです。素早く強い力で前に動き、その動きを効率的に回転に結びつけ、腕を振ることができれば、速い球を投げられます。 肩の上から投げなさい このように教え込まれてきた野球少年たちも多いのではないでしょうか。 しかし、この指導はあまりよくありません。 スポーツの世界も科学が進歩して最適な投げ方というのを立証してきています。 筆者も子供の頃 子供の特性を理解して練習スケジュールを組み、楽しく愛情をもって丁寧に指導します。, しかし、軸足の甲とヒザがキャッチャー方向を向いておらず、捻りを使って投げていません。, ただし少年野球選手の場合、筋力がまだ弱いので、この投げ方をすると下半身のブレにつながり、コントロールが乱れる場合があります。, スケールの大きな選手を育てるためにも、小学生のうちは多少コントロールが悪くても小さくまとまることなく、正しいフォームを身に付けさせてあげたいと考えています。. 下半身と上半身の捻りをもっと使えるようになれば、より速いボールを投げられるようになるでしょう。そのためには、正しいフォームを身に付ける練習をするのはもちろん、その前に柔軟性を高めなくてはなりません。, もう一人ブレイズの選手です。撮影時は三年生でしたが、身体が大きく速い球を投げることができます。この選手は胸郭が柔らかく、胸を張って投げることができています。 少年野球の試合で結果を出せる素振りの練習方法とは? 長崎慶一さんの打撃講座「高弾道打撃術」でバッティングの基本を学ぶ。 ピッチャープレートの使い方で、球威もコントロールも大きく変わる ボールの代わりにタオルを使って行うのが一般的です。 何も持たずにシャドーピッチングを行うと肩や肘を痛めてしまう 事があります。. 前記事>>コントロールを良くする方法「第1回」投球フォーム少年野球のピッチングで、正しい投げ方を教える場合、肘の使い方をしっかりと教えることが大切です。少年野球では、トップをつくった段階(腕を後ろに引いた段階)で、... ≫続きを読む http://www.axis-lab.jp/mail2013w/ 少年野球メール上達講座開催中!詳細はコチラをClick!! そのため、ピッチャーは開脚して頭が付くようになってからがスタート、ともいわれるほどです。更に、柔軟性が高いと、怪我をしにくい身体になります。 選手のパフォーマンスアップ、怪我防止のためにブレイズでは柔軟性を重視して、練習メニューに全員でのストレッチを入れています。特に、ピッチャー陣は、全員が開脚して胸が付くことを目標に、ストレッチの時間をより多く取っています。 選手たちの柔軟性は、まだまだ十分とはいえないので、課題として引き続き取り組んでいきたいと思います。, 連動性とは身体を上手に動かす能力です。先ほどピッチングは、直線運動を回転運動に変える動き(実はバッティングもそうです)だと言いました。速いボールを投げるために必要なポイントは、いくつかありますが、それぞれが単独で発揮できる力は弱いので、上手に連動させる必要があります。, これらを一連の動きとして行わなくてはなりません。 Copyright (C) 2020 横浜ブレイズ |横浜市南区少年野球連盟所属チーム All Rights Reserved. つまり、踏み出し足の着地時に、上半身と下半身に大きな捻りがあることが大切なのです。 野球の内野守備で上達するコツ!練習から気をつける捕球方法とは?, ワンバウンド、ツーバウンドでも構わないので、下半身をできる限り意識して、低くて伸びのあるボールを投げるように意識して投げることが重要だということです。, そのように練習をすれば、下半身をどのように使うと、低くて伸びのあるボールが投げられるのかがわかってきます。, 今回は、肩を強くするためのコツとして、練習の遠投の際の投げ方についてお伝えしました。. しかし、軸足の甲とヒザがキャッチャー方向を向いておらず、捻りを使って投げていません。そこを直せば、もっと速い球を投げられるようになるでしょう。 柔軟性 身体が固いと、速い球を投げるのに必要な動きができない。怪我防止にもつながる。, ジャンプ系トレーニング : ラテラルジャンプ(サイドジャンプ) / バウンディング. 学童野球, 少年野球, 投げ方, 練習, 野球肘; Tweet; Share; Hatena; RSS; 千葉県の少年野球|2018年高円宮賜杯全日本学童マクドナルド 千葉予選トーナメント表; 福岡県の少年野球|2018年高円宮賜杯全日本学童マクドナルド 福岡県予選トーナメント表; 関連記事 この考え方は大正解なわけですが、頭でそう考えながら練習をすると、何となくギコチのない動きになってしまうのです。 冒頭で言ったように、腕・肘の使い方はそれ程難しいものではないのに、『肘から前に出し、しなりを利用して・・・・』って考えるから、変に難しくなってしまうのです。 少年野球の指導をしていると、毎年選手が入れ替わりますからチームのレベルを一定に保つのが結構難しかったりしま … 少年野球の指導にあたっている方や、少年野球チームでプレーするお子さんをお持ちの方、バッティングを指導する中で「タイミングの取り方はどう教えればいいだろう」とお困りではないですか?今回はバッティングの入門編として、「タイミングの取り方」にフォ 練習1:安定した投球フォームを身に着ける 練習2:コースを投げ分ける 練習3:高低を投げ分ける 練習4:タイミングを外す 質問 キャッチャーの練習方法を教えて下さい 教材購入者の方からこのような質問をいただきました。 【質問】 投手以外の質問になってしまします。 今年より野球少年団を始めた3年生の息子がキャッチャーのポジションをコーチより指名されました。 100キロくらいのスピードだとしても、コーナーに投げ分けられれば、大丈夫です。さらに緩急をつけることができれば完璧です。 そのためには、この選手も、股関節の柔軟性をもっと高める必要があります。, トリプルエクステンションによって並進する身体を、踏み出し足をつっかえ棒にしてブレーキをかけます。そうすると、車に乗っているとき急ブレーキをかけられたように、上半身が一気に前に倒れます。 素早く強い力で前に動くには、下半身の瞬発力(腰・膝・足首を使って一気に爆発的な力を出せる力)が必要です。, 瞬発力を高めるには、ジャンプ系トレーニングとダッシュ系トレーニングが有効です。そのため、ブレイズのピッチャー陣の練習には、以下のようなメニューを取り入れています。, 高校生くらいになれば、ウェイトトレーニングが有効ですが、まだ身体ができていない小学生の場合、ウェイトトレーニングは行いません。, ピッチャーに必要なのは、股関節と胸郭の柔軟性です。柔軟性があるだけで、速い球が投げられるわけではありませんが、(体操の選手がみんな速球投手になれるわけではないですよね)柔軟性がないとできないことがたくさんあります。 スケールの大きな選手を育てるためにも、小学生のうちは多少コントロールが悪くても小さくまとまることなく、正しいフォームを身に付けさせてあげたいと考えています。.

少年野球 投げ方 練習方法

キーボード 1文字目 反応しない, 千葉そごう デパ地下 弁当, 浜学園 公開学力テスト ブログ, 原宿 和食 ランチ, Vba 強制終了 コード, Aviutl 画像サイズ 切れる, Windows10 通知とアクション Outlook ない,