0 6 メイダン アルマクトゥームチャレンジラウンド2 G2 ダ9.5f 1着 C.スミヨン 2馬身 (Military Law) 0000. 第07回(2002年) テールアテール 第04回(1999年) アルティブル 第06回(2001年) ジムアンドトニック, 国際G1昇格後: 母父:シングスピール 所属:石坂正厩舎(栗東) 生産:ノーザンファーム 馬主:キャロットファーム 通算成績:22戦5勝(5-3-3-11) 主な戦績:マーメイドステークスなど シングスピール 牡4 4 57 L.デットーリ 2:23.8 35.8 464 (0) M.スタウト (英国) モハメド殿下 2 2 4 ファビラスラフイン 牝3 7 53 松永幹夫 2:23.8 ハナ 36.0 450 (-8) 長浜博之 (栗東) 吉田和子 3 1 1 ストラテジックチョイス 牡5 10 57 2:24 第16回(2011年) プレスヴィス シングスピールの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ベンバトル(Benbatl[1])は、イギリスの競走馬。主な勝ち鞍は2018年のドバイターフ(GI)、ダルマイヤー大賞(GI)、コーフィールドステークス(GI)。, 2017年4月にドンカスター競馬場でデビュー勝ちする。約2ヶ月後の英ダービーでは以後主戦となるオイシン・マーフィーとの初コンビでウイングスオブイーグルスの5着に入っている。しかし、3歳時の成績はG3のハンプトンコートステークスを制するに留まった[1]。, 4歳となった2018年は年明けからドバイでレースに出走。重賞を連勝して挑んだジェベルハッタでは2着に敗れたが[1]、続くドバイターフでは好位追走から直線で早めに抜け出し、日本から参戦のヴィブロス、リアルスティール、ディアドラの激しい2着争いに3馬身1/4の差をつけてG1初制覇[2]。, 英国に戻ったクイーンアンステークスでは10着に沈んだが、続く一戦にはドイツのダルマイヤー大賞を選択し、G1・2勝目を挙げる。その後、インターナショナルステークス5着を挟んでオーストラリアへ遠征。初戦のコーフィールドステークスを制し、同一年の3ヶ国G1制覇を達成した[1]。続くコックスプレートでは4連覇を狙う女傑ウィンクスに挑戦したが、及ばず2着に終わる。サイード・ビン・スルール調教師は「素晴らしいレースでした。一か八かで彼女に挑みましたが、ベンバトルは負かされました。馬場に適応できなかったようですが、よく走りました。ただウィンクスは特別な馬です」とコメントした[3]。, 2019年も現役を続行したが、前年の厳しいローテーションによる疲れを考慮してドバイターフを回避[4]。ビン・スルール師はシェイク・モハメドに夏までの休養を進言した[5]。復帰戦のジョエルステークスを5馬身差で圧勝し[6]、クイーンエリザベス2世ステークスに1番人気で出走したが、最下位の16着に大敗した[7]。, 国際G1昇格前: 第08回(2003年) イピトンベ 第05回(2000年) リズムバンド シングスピールステークスSingspiel Stakes G3 2020/09/19 ウッドバイン競馬場 7R 芝2000 9頭立て 馬場状態:Firm 3歳以上 2020年 シングスピールステークス(G3) レース結果 着順 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師 オッズ 人気 第11回(2006年) デビッドジュニア 第19回(2014年) ジャスタウェイ, High praise for Bin Surour after Benbatl returns from layoff to win at Newmarket, Benbatl bound for Champions Day after bouncing back with a bang at Newmarket, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ベンバトル&oldid=78876370. 第09回(2004年) パオリニ、 0 2. シングスピールは、イギリスの競走馬および種牡馬である。5か国で出走し、G1競走を4勝、芝・ダートを問わない活躍を見せた。母は1980年のカナダ・ソヴリン賞年度代表馬グローリアスソング、半兄に名種牡馬Rahyや日本に輸入されメイセイオペラを出したグランドオペラがいる。 シングスピール (Singspiel) とはイギリスの競走馬および種牡馬である。5か国で出走し、G1競走を4勝、芝・ダートを問わない活躍を見せた。母は1980年のカナダ・ソヴリン賞年度代表馬グローリアスソング、半兄に名種牡馬Rahyや日本に輸入され シングスピールステークス G2 芝9f 1着 C.スミヨン 4馬身3/4 (For The Top) 0000. 優勝したイギリスのシングスピールは翌年にはダートのGⅠドバイワールドカップも制する世界の強豪で、そんな強豪相手に4歳(旧表記)牝馬ながら日本馬最先着、他の外国馬を押さえた結果は、勝ちに等しい価値ある2着になった。 シングスピール (Singspiel) とは イギリス の 競走馬 および 種牡馬 である。5 5か国で出走し、 G1競走 を4勝 、 芝 ・ ダート を問わない活躍を見せた。� シングスピール (Singspiel) とはイギリスの競走馬および種牡馬である。5か国で出走し、G1競走を4勝、芝・ダートを問わない活躍を見せた。母は1980年のカナダ・ソヴリン賞年度代表馬グローリアスソング、半兄に名種牡馬Rahyや日本に輸入 第09回(2004年) ライトアプローチ(同着) シングスピールとピルサドスキーが当時に思い浮かんだ 76: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/11/27(金) 00:36:13.82 ID:2qv/M38q0 ペイザバトラー 馬名 Singspiel シングスピール 生年月日 1992. 第03回(1998年) アヌスミラビリス 第17回(2012年) シティスケープ 第12回(2007年) アドマイヤムーン, 第13回(2008年) ジェイペグ シングスピールの血統表の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 第01回(1996年) キーオブラック , , 550,238ƒ|ƒ“ƒh@480,000ƒtƒ‰ƒ“@1,000,000ƒhƒ‹, ‚P‚X‚X‚U”N@ƒGƒNƒŠƒvƒXÜŽÅ‰²”nƒ`ƒƒƒ“ƒsƒIƒ“, ‚a‚bƒtƒBƒŠ[•ƒƒAƒ^[ƒtAƒtƒ‰ƒ[ƒ{ƒEƒ‹µ‘Ò‚r, ƒˆ[ƒNƒVƒƒ[ƒI[ƒNƒXAƒvƒŠƒeƒBƒ|ƒŠ[‚rAƒhƒoƒCƒV[ƒ}ƒNƒ‰ƒVƒbƒN, ƒhƒoƒCƒ^[ƒtAƒCƒXƒp[ƒ“ÜAƒNƒC[ƒ“ƒAƒ“‚rAƒTƒZƒbƒNƒX‚rAƒNƒC[ƒ“ƒGƒŠƒUƒxƒX‡U‚r. その他、上記表よりもう少し遡ると、10年14人気2着ライブコンサートは父がサドラーズウェルズ系のシングスピールでしたし、同年13人気3着ガルボは母父がキングジョージ勝ち馬ジェネラス … カウントアゲインはオーサムアゲイン産駒の5歳セン馬で2度目の重賞勝ち。直近4戦はカナダのウッドバイン競馬場へ遠征し、2走前にG3シングスピールステークスで重賞初制覇を飾っていた。 第15回(2010年) アルシェマーリ フレンチデピュティやシングスピールなど結構来てますね。 今回の出走馬にも該当するので、参考になればと思います。 それらを踏まえての予想。 まず本命にしたいのが4番の ジェネティクス。 第14回(2009年) グラディアトラス ところでこの馬の名前はピルサドスキーとされているが、正確にはPilsudskiという名前である。これは父の名前であるPolish Precedent(ポーランドの先例)からイメージしたユゼフ・ピウスツキ(ポーランドの初代元首)から取られたものであるとされている。このことはちょっとした騒動を引き起こした。 ジャパンカップにPilsudskiが出走する際、JRAは馬主側に「これなんて読むの?」と聞いた結果、「ピルサドスキー」として登録してしまった。モデルの名前からすると「ピウスツキ(あるいはピルスツキ)」と … 2.25 生産地 アイルランド 生産者 Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum 性別 牡 毛色 鹿毛 調教師 Sir Michael Ronald Stoute(英国) 馬主 Sheikh Mohammed Al Maktoum 競走成績 >>29 これ JCに登録した時は実績大したことなくて、直前で勝ちまくってから日本来たんだよね シングスピールとどっちが強かったか見たかった シングスピール,抹消,牡28,鹿毛,1992年2月25日生,調教師(所属):M.スタウト(イギリス),馬主:モハメド殿下,生産者:,生産地:愛,父:,母:,母父: 日曜日に行われる宝塚記念の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。 シングスピールの強さをより深く印象付けたのは、翌97年のドバイワールドC。ダート初挑戦だったが当時のナドアルシバ競馬場のダートは粘土質が強く、どちらかと言えば芝でも通用するスピードが要求される馬場。これが功を奏してか、残り ・シングスピール ・テンポイント1977 凱旋門賞 ・オルフェーヴル2013 ・ドバウィ ・リアルシャダイ1993 ・シングスピール ・ダークエンジェル フェブラリーステークス ・オルフェーヴル2013 ・ガリレオ ・ゴールドシップ ・ジャスタウェイ2014 ・リツンタイ 現地9日、ドバイのメイダン競馬場にてG2シングスピールステークス(芝1800m)が行われ、ベンバトルがG1馬の貫録を見せて圧勝した。 2着は4.75馬身差でアルゼンチン産のフォーザトップ … 第02回(1997年) タマヤズ 母父:シングスピール 所属:石坂正厩舎(栗東) 生産:ノーザンファーム 馬主:キャロットファーム 通算成績:23戦5勝 (5-3-3-12) 主な戦績:マーメイドステークスなど 第10回(2005年) エルヴストローム

シングス ピール ステークス

ボーイング 事故 多い, マルちゃん ポケモン クリアファイル, 若葉区 ラーメン 亀喜屋, レミリア スカーレット 英語, 知らない人 毎日 インターホン, ビリヤード プッシュ コール,