ョンの役割、戦術に関することなどサッカー初心者の方でも解かりやすく簡潔に説明しています。 チーム戦術を作ろう!サッカーの基本『13 ョンです。中盤のセンターに多くの選手を配置することで、中央からの崩しと守備への対策が容易になります。 ョンについての各論。その第1弾では最もオーソドックスな[4-4-2]について論じた。 今回は、近年[4-4-2]以上にオーソドックスな配置になってきた感すらある[4-1-4-1]について説明していこう。 ステムについて説明しています。これをおさえることで、サッカーがとてもおもしろくなりますよ。またサウジアラビアの2019年の国王杯の優勝クラブとその賞金と資格についても書いています。 ステム変化についてです。 他にもチーム戦術や個人戦術などの記事も配信しています。 スペクラ会員になる. 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 「8人制サッカーの4-2-1の活用方法がわからない」 今回は、こんなお悩みを持たれているサッカー経験や指導経験が乏しい新米コーチ向けにお答えしていきます。 本記事の内容は ・8人制サッカーの4-2-1の基本的な考え方を解説 ・8人制サッカーの ョンの見方にかなり苦労する傾向にあるようです。 実際に僕もサイトを立ち上げた段階では各試合の … ョンの役割、戦術に関することなどサッカー初心者の方でも解かりやすく簡潔に説明しています。 ステム。”違う言葉だけど、同じ意味”だと理解していませんか? ョンの役割、戦術に関することなどサッカー初心者の方でも解かりやすく簡潔に説明しています。 ステム例を用いてより詳しく説明していきます。 ョンの形成には、歴史的に2つの要素が影響していています。 1つめがサッカーのルールの変更です。とくにサッカーが開始された頃は、オフサイドのルールが、サッカーの原型になったラグビーのル… ョンを見抜いてプレーします。これが「ピッチを上から見ているような … 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち, 1995年11月23日、茨城県つくば市出身。東京大学工学部化学システム工学科中退。鹿島アントラーズつくばJY、鹿島アントラーズユースを経て、東京大学ア式蹴球部へ。2020年シーズンから同部監督および東京ユナイテッドFCコーチを兼任。twitter: @ryo14afd. ョンと戦術的な意図― これらの原則を覚えておけば、新たな視点でサッカーを楽しめます。 【スペインサ… サッカーが上手に、サッカーに詳しく、そしてサッカーがますます楽しくなるようお手伝いします。, オシム監督が指摘しましたが、とにかく日本人はフォーメーション論議が好きらしいです(笑), また、僕が観たことのある大会は、私見も加えてフォーメーションを語ることにさせていただきます。, とくにサッカーが開始された頃は、オフサイドのルールが、サッカーの原型になったラグビーのルールに近かったことがフォーメーションに大きく影響しています。, 1950年代に世界最強を誇ったハンガリーのMMフォーメーション(←WMフォーメーションをアレンジ)があります。, W杯で優勝したチームを倒そうと、強いチームに対抗する戦術が考えられ、その戦術に合ったフォーメーションを設定したりしました。, その4-3-3に対抗するためにフランスやブラジルが用いた1980年代の4-4-2などがこれに当たります。, 強いチームに対抗するための新しい戦術やフォーメーションを生み出すという歴史を繰り返したきたんですね。, この4-3-3と4-5-1はとても似ていて、MFやFWの選手の配置を変えることで、戦況に応じたアレンジができます。, 古い時代から、ルールの変更やサッカーの戦術などから、少しずつ変化してきたと言えます。, ここでは、フォーメーションに至るまでの歴史を、ワールドカップの優勝国のフォーメーションを振り返りながら、確認してみましょう。, インテル&ミランのホームスタジアムの名前になったジュゼッペ・メアッツアの名前があります。, 1930年に始まったワールドカップは、3大会連続で2-3-5のVフォーメーションが優勝したということになりますね。, 諸事情により1940年代はワールドカップは中断されるわけですが、第4回は1950年に再開され、ブラジルで行われました。, あまりにも昔過ぎて知っている選手はほぼいませんが、スキアフィーノだけはなんとか聞いたことがあります(笑), 1930年以降の世界のサッカー界のフォーメーションは3-4-3(3-2-2-3)と配置したWMフォーメーションが主流だったようです(オフサイドのルールの変更の影響によるものと言われています)。, この大会の事実上の決勝戦で、ウルグアイに敗れた開催国ブラジルはWMフォーメーションだったようです。, それまで3大会連続で優勝国のフォーメーションであった2-3-5のVフォーメーションが、, フォーメーションの、またサッカーの、歴史の転換期であると言えるのではないでしょうか。, 西ドイツと決勝で戦ったのは、当時の世界最強国マジック・マジャール(魔法のハンガリー人)と称されたハンガリーです。, 絶対的エース走る少佐ことプスカシュほかコチシュ、ヒデクチ、チボールなどの選手を擁し、1950年以降国際大会で33連勝と世界で一番強かったのがハンガリーです。, そのハンガリーの得意なフォーメーションはWMフォーメーションを応用したMMフォーメーション。, この西ドイツとの決勝戦もMM気味の3-5-2(3-2-3-2)のフォーメーションだったようです。, それまでの世界の主流だったWMフォーメーション、また、2大会連続で優勝チームが用いた4-3-3から、4-2-4フォーメーションが主流となる歴史的な大会となりました。, 大会が始まってすぐにエースのペレが怪我により出場ができなくなりますが、前回大会の優勝メンバーが多く残り、, また、ペレとダブルエースだったガリンシャの活躍によりブラジルが連覇ということになりました。, W杯の歴史で、選手一人の力で優勝したのは1986年のマラドーナのアルゼンチン、1962年のガリンシャのブラジルのだけだと言われています。, フォーメーションは前回と同じく4-2-4で、こちらもフォーメンションが連覇ということになります。, 第8回はサッカーの母国であり、開催国であったイングランドが、いろいろな幸運も重なり初優勝。, サッカーの母国イングランドはこの大会でしか優勝していません(←まぐれ?地元の利?)。, まぁ地元開催でいろいろな状況が有利になることはイングランドに限ったことではありませんけどね(笑), ですから、このときのメンバーはイングランドのレジェンドとして語られる選手ばかりです。, GKゴートン・バンクス(イングランド銀行)、DFボビー・ムーア(ザ・キャプテン)、MFボビー・チャールトン(キャノンシュート)などは現代も語り継がれる名選手です。, 第9回大会は、円熟期を迎えたペレ率いるブラジルが王座奪還、史上初の3回目の優勝を成し遂げます。, この大会で、またペレが第一線から退くことに合わせて、4-2-4といフォーメーションは歴史から消滅することになります。, 世界のサッカー界の大きな転換期になったのは、1970年代の「トータルフットボール」と言われるサッカースタイルの発明によると評価されています。, このトータルフットボールは、オランダの名将ルイス・ミヘルスが、アヤックス、オランダ代表で用いたサッカースタイルで、, このトータルフットボールは、現代に至るサッカーのスタイル、フォーメーションに大きく影響しています。, 優勝したのは西ドイツでしたが、サッカー界を席巻したのはトータルフットボールのオランダでした。, オランダはヨハン・クライフを擁し、選手がポジションを固定せず、ポジションチェンジを繰り返しながら試合を進める方法トータルフットボールで世界に衝撃を与え、大会の主役となります。, クライフのライバルである?西ドイツの皇帝ベッケンバウワーは、準優勝したクライフやオランダのほうが語られる機会が多いのでちょっとかわいそうなんですけどね(笑), この世界を席巻したオランダのトータルフットボールが、その後のサッカーの戦術に大きな影響を与えることになります。, 体現者であるクライフは、アルゼンチン大会に出場していませんが、2大会連続でオランダが決勝戦に進出しました。, 1次リーグは不調でしたが、2次リーグから覚醒、あれよあれよと優勝してしまいました。, 5-4-1(5-1-3-1)という明らかに強固な守備からカウンターをやりますよとの意図がありありです。, マラドーナのアルゼンチン、ジーコ、ファルカンのブラジルとの接戦をものにし、ボニエク擁する台風の目ポーランドに完勝、決勝で西ドイツのゲルマン魂をへし折る完勝!, しかし、5-4-1とか凄くレアなフォーメーションで、守備の国イタリアらしいと言えるかもしれません。, 5バックは、両サイドのSBをウイングバックとして扱えば、3バックとアレンジできますが、, この大会のイタリアの両サイドは、カブリーニとジェンティーレですから、ごりごりのSBですので、, メキシコ大会はマラドーナのマラドーナによるマラドーナの大会、ってことでアルゼンチン2回目の優勝。, 確かに3バックでしたけど、ブルチャガはもっと前目で、両サイドはあまり上がらなかったので、5-3-2だったのかなぁとも。, ディフェンスラインが5人ということであれば、前回大会のイタリアのフォーメーションと似ているということになります。, ブレーメ、ベルトルトの両サイドが上がれば3-5-2ですから、前回のアルゼンチンと同じになります。, 5バックのフォーメーションと考えれば、3大会連続で5バックのフォーメーションが優勝したということになりますね。, 1980年代後半から世界の主流となっていた4-4-2のフォーメーションが世界を制しました。, 1982年のイタリア、1986年のアルゼンチン、1990年の西ドイツのフォーメーションは、, 1-15回の68年間で、W杯優勝国は、南米の3強ウルグアイ、ブラジル、アルゼンチン、欧州の3強?イタリア、西ドイツ、イングランドの6か国で占められていましたが、, フォーメーションの特徴ということでは、やはり4バックのフォーメーションということになります。, 前回大会のブラジルに続き、4バックのフォーメーションが優勝したということになります。, 4バックと3バック(5バック)のフォーメーションが行ったり来たりしている状況です(笑), カテナチオ、守備の国イタリアは、伝統的にスイーパーやリベロを配置するフォーメーションを用いる傾向にありましたが、, ディフェンスの構成を、5バック(3バック)と4バックを用いた国が優勝してきた傾向にあります。, 1974年以降は、ディフェンス、また中盤に人数をかけるフォーメーションが主流となったと言えるのではないでしょうか。, このことは、サッカーのスタイル、サッカーの戦術が変わったということを示していると思います。, 1974年のW杯で、世界を席巻したトータルフットボール以降(オランダは優勝できなかったわけですが)、, W杯の優勝国は、4バックと3バック(5バック)のフォーメーションを用いてきましたが、, ジンクスとして無理だと言われてきた欧州選手権とW杯を連覇した初めてのチームで、歴史的な出来事でした。, ドイツは開催国ブラジルに7-1の圧勝、歴史的大勝利?大敗北?となる大事件でしたね。, 2010年以降の3大会連続で4-5-1のフォーメーションが世界を制することになりました。, 4バックと1トップ(DF4人とFWが1人の配置)は共通していて、中盤の構成が違うんですね。, ↑というフォーメーションで、DF-MF-FWで示すと4-5-1のフォーメーションです。, それぞれ用いるチームの事情によっては、FWが3人の4-3-3のフォーメーションとも言えます。, 近年のフォーメーションの主流は、4-5-1、もしくは、4-3-3と言えるでしょう。, だいたい2~3大会で優勝チームのフォーメーションが変化しているという傾向にありますね。, 1930年代W杯が開始された当初はVフォーメーションである2-3-5が主流であり、, 1950~1970年代の30年間は、4バックをベースにして、FWに人数をかけるた4-3-3、4-2-4が主流、, 1980年代から、センターバックを3人配置した3バック、5バックのフォーメーションが、, 2010年以降は、現代の主流で、MFの配置に違いがありますが4-5-1、4-3-3ともとれる, 今回は、フォーメーションの歴史を、W杯の優勝国のフォーメーションをモデルにしながら、振り返ってみてみました。, フォーメーションはルールや時代の戦術などによって、いろいろな変化をしてきたことがわかりますね。, 今回のフォーメーションについての記事が、読んだ下さった皆さんのサッカーのお役に立てればうれしく思います。, よかったらフォーメーションに関する記事<<フォーメーションに相性はあるのか?【サッカー】>>もご一読ください。. ョンについて解説すると以下のようになります。 ☆関連動画☆. 静的な“フォーメーション”が意味をなさなくなっている現代サッカーにおいて、フォーメーションというものをどう理解すべきなのか。現状を踏まえて攻撃と守備、それぞれの局面における具体的なフォーメーションについて、その特徴と機能性を分析していきたい。, 守備編のその2では、グアルディオラの影響により欧州サッカーでは[4-4-2]と同じかそれ以上に主流となっている[4-1-4-1]を取り上げる。, 現代サッカーにおけるフォーメーションについての各論。その第1弾では最もオーソドックスな[4-4-2]について論じた。今回は、近年[4-4-2]以上にオーソドックスな配置になってきた感すらある[4-1-4-1]について説明していこう。記事中でも言及するが、[4-3-3]や[4-5-1](中盤フラット)といったフォーメーションは基本的に[4-1-4-1]と変わらないものとして考える。すなわち、総論でも触れたように、「4バック」かつ「1トップ」という分類に属するもののうち、[4-4-2]の仲間である[4-2-3-1]を除けばどれも[4-1-4-1]の仲間であり、その差があるとすれば選手の役割の違いによって生まれるものだ。, この前提に立つと、いわゆる[4-1-4-1]が近年再び主流になったのは、やはりペップ・グアルディオラの率いるバルセロナ、バイエルン、マンチェスター・シティといったチームのスタイルと躍進が大きいだろう。実際のところペップは他のフォーメーションを使わないわけではないが、やはり真っ先にイメージされるのは[4-1-4-1](よく表記されるのは[4-3-3]か)だろう。, なぜ、ボール支配によるゲームコントロールをペップのチーム、あるいはそのフォロワーたちによって[4-1-4-1]は好んで用いられるのだろうか。, また、ここまでは主にヨーロッパサッカーの視点で語ってきたが、日本においてまだまだ[4-1-4-1]は主流の配置とは言えない。実際、リーグ戦などで[4-1-4-1]をメインに使うチームはどのカテゴリーを見ても少ないし、それ以上に特徴的なのは代表をはじめとする各選抜チームのほとんどが判を押したように[4-4-2]を用いることだ。攻撃の際にハーフスペースに選手を配置する意識は日本でも意識するチームが増えてきたが、守備時にそのまま[4-1-4-1]で守備をする(そしてそれが機能する)チームというのは日本ではかなり珍しいのではないか。以上を踏まえ、今回の記事では、ボールを握りたがるチームが[4-1-4-1]を好んで用いる理由、そしてぜひ日本に浸透してもらいたい[4-1-4-1]の守備体系について詳しく見ていこう。……, 高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 ☆関連記事☆.

サッカーフォーメーション 4 1 4 1

ポップ キャラクター 書き方, 高校サッカー 京都代表 歴代, ダーツ 投げ 感, 舞扇 扇子 違い, 熊本 高校偏差値 2019, 在宅 アンケートモニター 口コミ, ボナンザ 将棋 強さ, 外国人 参政権 メリット, キャサリン妃 ファッション インスタ, ミニ四駆 プラボディ 速い, タイから日本 荷物 関税, ソフトボールクラブ チーム 福岡, ポリネシアン サモア タトゥー 意味,