【監察医朝顔2】最終回ネタバレと全話あらすじ!平(時任三郎)とは別れることになる? 映画『カイジ 人生逆転ゲーム』『カイジ 人生奪回ゲーム』『カイジ ファイナル・ゲーム』は有料コンテンツですが、無料登録時に1100p貰えるので、そのポイントで映画を見る事が可能。 もちろんポイントを使っても解約時に料金はかかりません。 パチンコ「沼」等のレート設定(1玉50ドル相当)はさほど高額設定とはいえない。 カイジ1 人生逆転ゲーム(2009年) 2. 【共演NG】5話のあらすじと感想!出島(里見浩太朗)の演技が瞳(鈴木京香)を変える! 2009年に公開された映画カイ 人生逆転ゲーム。限定ジャンケンや鉄骨渡り、eカードなどのゲームに息を飲んだ人も多いでしょう。カイジ人生逆転ゲームあらすじネタバレや結末、キャストなどについてご紹介していきます。 カイジ 人生逆転ゲームのストーリー. 福本伸行の大人気コミック「賭博黙示録カイジ」がついに映画化!危険な魅力いっぱいのカイジワールドへようこそ!?主役のカイジを藤原竜也が演じ、天海祐希や香川照之など豪華キャストでも話題に!映画【カイジ -人生逆転ゲーム-】のキャストやあらすじ・見どころなど詳しく紹介します! オリジナルストーリーの最終章”, https://hochi.news/articles/20190530-OHT1T50261.html, 『逆境無頼カイジ 電網遊戯篇』Mobageにて巻き起こる究極の賭博サバイバルゲーム, スマートフォン向けVRアクションゲームアプリ 「カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~」の配信を開始!, 『リアルカイジGP』ニートの20代女性が賞金1億円獲得「マジ?」|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!, △1億円獲得アフターストーリー▼3ヶ月に及ぶ戦いを勝ち抜き、たった一人の勝者となった#イモンを逃すな でお馴染み 井門由美 人生はどう変わるのか1億円の使い道は1億円獲得後の姿を追跡#リアルカイジGP[最終回, ニンテンドーDS用ソフト「逆境無頼カイジ Death or Survival」公式サイト, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=賭博黙示録カイジ&oldid=80662538, 「負け」の条件のうち2のみを満たした状態(制限時間終了時に星が規定未満でカードが0枚)では、本来なら即別室送りとなるべきであるが、, 勝負前に全参加者へ最低100万円、最高1,000万円(30歳以上は最高500万円)が貸し付けられる。金額は各参加者が決められるが、貸付自体は強制である。, 「勝ち」の条件を満たせばその時点で勝ち上がりとなるわけではない。「勝ち」の条件を満たした状態で「あがり」を申告することで初めて成立する。, 「負け」になった者の残りのカードは、使用済みカードと同じくボックスに入れられ集計される, 勝負での使用、または失格による没収以外でカードを破棄することはルール上禁止とされているが、, 星を1個100万円(計300万円)で買ってエントリーする。現金そのものの貸付はなし。星の購入資金は借金として扱われ、, 原作での掛け声「チェック・セット・オープン」が「ジャン・ケン・ポン」に変更。また、「ケン」の部分で選択したカードを伏せる設定がなくなっている, ゲーム終了後にカードを使い切れずに負けた者は原作にはいなかったが、実写映画版ではカイジと石田がカードを1枚余らせて別室送りになった(カイジは石田と協力してカードを減らしていたが、ポケットの中身にカードが1枚残っていたことにより石田は別室送りにされ、カイジが石田をかばって自ら石田と一緒に別室に行く)。, 利根川が敗北した際、焼き土下座ではなく、地下帝国の永住権はく奪、そして地下で永遠の労働が科せられた(正確には扱いは他の地下労働者と同じだが、優秀さを買われ地上で働く工作員となっている)。, イカサマ防止のため、団子状に丸めた当たりクジは無効とする。引く時は腕まくりし、直前に指の股を開いて互いにチェックする。, 兵藤が負ければカイジに1億円を支払い、カイジが負ければEカードで得た2,000万円を兵藤に払った上で、自らの片手の指4本(指1本につき2000万)を切断される。, 親の連続はどんなに勝っても2回まで。ただし、1回目に親が1の目・目なし・123・ションベンを出したらそこで親は終了。それ以外は必ず2回目の親をする。, ドラも4翻縛りに数えて良い。ただし裏ドラは和了後の余禄扱いのため、表ドラと役で4飜以上にならない場合は和了れない。, 複数の和了形を持つ手役において、満貫以上になる待ちとそうでない待ちがある場合、満貫にならない方のロン牌を先に切られた場合ロンできないが、その後に満貫以上になる待ちのロン牌を切られても, 天和・地和・海底・門前自摸和については、このゲームにツモ上がりが存在しないことによる。, 最初に牌を切る時に必ず立直をするが、ダブル立直ではなく通常の立直として扱う(すなわちダブル立直はない)。, 勝者には必ず相応の賞金がキャッシュで支払われる。(金額は毎勝負で同額かは不明だが、回想シーンでは1000万円を手にいれた勝者が喜んでいる姿が描かれた。), 敗者には必ず死の制裁が行われ、遺体はそのまま直葬される手筈となっている。また、アフターケアサービスとして敗者には墓石&墓地が贈られる。(直葬から墓石&墓地・土地代、埋葬にかかる全ての費用などはサービスとして和也が用意する為、残された遺族などには金銭的な負担が掛からぬようになっている。), 撮影監督 - Oh Seong ha(第1期)、Lee Suk bum(第1期)、畑中宏信(第2期), カイジの声を担当している萩原聖人がボーカルを担当する本作限定ユニット。ユニット名の由来は曲のカバー元である, 皇帝!市民!奴隷!!勝たなきゃクズだ!!! しかし、第73話では新型ウイルスの影響で一時休止。, 一玉4,000円に設定されているため通常の1,000倍のギャンブル性を持つパチンコである(この裏カジノには1玉400円や1玉40円のパチンコも存在するが、これらはデジパチ)。挑戦するためには300万円(750発)・500万円(1,250発)・1,000万円(2,500発)のいずれかのパッキーカードを買って使うことになる。, 第一の関門は異常な数で並ぶ釘の森であり、釘の設定は基本的に100発中1発がチューリップの手前に届くように設定してある(この通常時は設定Cといって、他にも月1回30発中1発が届く設定Aの日や、月5日ほど60発中1発が届く設定Bの日もある)。第二の関門は、電動チューリップ上部に配置されている可動役物で、ランダムな動きで玉を弾く。第三の関門が内部の3段クルーンで、1段目のクルーンには3つの穴、2段目には4つ、3段目には5つの穴が空いている。1段目・2段目の手前穴1つずつは下段に落ちる穴であり、回転しながら順に通過して3段目で奥の当り穴に玉が入ると、ジャックポットとなる。ジャックポットは、その時点でストックされている玉すべてを獲得できる。ジャックポット以外に当り穴はなくすべてアウト玉となる。この台のストックはアウト玉の蓄積であり、ストックがない時には最低3億円(75,000発)分を店が保証する。, 上記のことから、理論上のジャックポット確率は、「1/30 or 1/60 or 1/100(それぞれ前述の設定A・B・Cの場合の釘ゾーン)」×1/3(可動役物)×1/60(3段クルーン)=「1/5,400(5400回転=2160万円分の玉を使って約63%の確率で当選) or 1/10,800(同10800回転=4320万円分) or 1/18,000(同18000回転=7200万円分)」になるが、実際は様々な場所に挑戦者に告知されていない鉄壁の防御が施されており、通常のプレイでは攻略することはできない。, 電動チューリップ上の可動役物は、店側から遠隔操作でタイミングを計って閉じてしまうことが可能(通称「ブロック」)。ここを乗り越えたとしても、「クルーン自体」・「パチンコ台本体」・「台周辺のプレイスペース」と3系統に分散した手前への傾斜(リモコン操作で奥に傾けることも可能)に加え、3段目の奥にある当たりの穴の外側に透明なコブが存在し、通常考え得る形での入賞の可能性を潰している。さらに、通常は「あからさま過ぎる」として没になっているが、緊急時には店側の操作によって、3段目の当たり穴の周囲から空気が噴出できる装置も存在する。また客が台を打つ前には身体・荷物の検査や磁気チェックを行い、さらに台周辺は24時間モニタリングし、遊技には常に店員が立ち会う。またゴトを防止するため、磁石に反応しない真鍮製の弾を不定期に使用している。, カイジたちの前にも多くの者が挑戦したが、実際にジャックポットを出した人物(「達成者」と呼ばれる)は、建前上はカジノ側の接待(帝愛サイドによる賞金の回収、つまり仕掛けもなく簡単に出せる状態)によって出した利根川と兵藤だけであった[注 14]。, なお、前述の通りこの台は等価交換で、原則としてジャックポットを出せなかった者のつぎ込んだ玉が丸々次の挑戦者への賞金として積み立てられていくため、(いずれジャックポットを出される前提である以上は)理論上、いつまでも店には儲けが出ない。そればかりか、こちらも前述の通りどんなにジャックポットが貯まってなくても3億円分は店が保障するので、そこまで貯まらないうちにジャックポットを出されようものなら3億円に満たない分店の損失になってしまう。しかし帝愛の人間に対し接待を行うことで、積み立てられた賞金を回収する意味合いを持つと同時に、表向きには「確率は限りなく低いが当たりはある」とアピールすることによって、挑戦者が後を絶たない状況、ひいては「沼」が店の象徴として君臨する状況を生み出している。, 原作では通常のパチンコ機の1.5倍程度の大きさ(坂崎の台詞より)で描かれているのに対し、実写映画版ではカジノの壁一面を占める「巨大モンスターマシーン」として描写されている。また、電動チューリップ上部の可動役物がなくなっている。なお、ジャックポットを達成した人物が兵藤と黒崎に変更されている。, 『トネガワ』では本編においての利根川に対する接待の様子が描かれる。この時は、釘がY字状に配置され9割の確率で玉がチューリップへ到達する設定Y、タイミングを計って開くように操作された可動役物、そしてクルーンの外れ穴からアウト玉が飛び出す「フェニックスシステム」が採用され、その結果利根川はジャックポットを出すのだが、余りにも露骨な接待に利根川も呆れていた。, 全自動麻雀卓で山を作り、先手と後手を決める(初回のみ決め方は自由。それ以降は、勝った方が次回の先手となる)。そして、先手が左右の2山から好きな牌を1牌めくってドラを決めてスタート。互いに自分の目の前のツモ山1列分(34牌)を使って、3分の制限時間で13枚を選び出し聴牌状態の手牌を作る。手牌ができたらゲームをスタートし、手牌として使わなかった残りの21枚の牌を先手の者から17巡終えて流局するまで順に切っていく。, 性質上ツモがないので、和了る時は必然的に相手からのロンのみとなる。捨て牌が21なのに対し攻防は17巡のため、相手のロン牌を5つ以上捨て牌の中に抱えてしまうと、(先に相手が振り込むか、フリテン扱いにならない限り)必ず負けてしまうことになる。, 振り込んで決着した場合は賭け金(両者の合意に基づく)を相手に渡さなければならないが、渡す金額は完成された役によって満貫を1単位とした倍率に基づき、跳満なら1.5倍、倍満なら2倍、三倍満なら3倍、役満なら4倍、ダブル役満なら8倍となる。両者とも振り込まないまま17巡を消化すると流局となり、賭け金を倍にして次戦に持ち越す。, 兵藤和也が執筆した小説(作中作)『愛よりも剣』内に登場するギャンブル。実はこの小説は、和也が実際に執行した制裁を基にしたものである(設定や役名は変更してあり、表向きにはフィクションということになっている)。, 金を持ってヤクザの組長から逃げようとした男女2人に組長(本来は和也)が課した刑。足部分に2箇所、胴部分に5箇所剣を刺す穴のある箱2つ、鉄板9枚、剣9本を使ったギャンブル。まず、2人がそれぞれの箱の中に入り、剣を刺す穴を2人交互に指定し、その穴に剣を刺していく。このとき、自分の方の穴を指定する必要はなく、相手の方の穴を指定してもよい。なお、計14箇所の穴のうち、9箇所は鉄板が入っており、そこに剣を刺しても鉄板で止まり体には刺さらないようになっているため、9本の剣全てを鉄板入りの穴を指定することができれば2人とも無傷で終わる。しかし、残りの5箇所には鉄板は入っておらず、そこに剣を刺すと体に刺さり、足の場合は大ケガ、胴の場合は即死するとは限らないが死亡が確定する。9本の剣を刺したら終了。ただし片方が絶命しても剣が残っていたら続行、死亡してからは残りは生き残った方が全て指定する。この場合でも死亡した相手の箱にまだ剣を刺していない穴が残っていればそこを指定することもできる。9本全て刺し終わった時点で生き残っていれば、その後はヤクザ達からの干渉から解放される。, 主に債務者の中でも、もう首を括るしかないような巨額の借金をもつ、特に劣悪な多重債務者を優先して参加を募ることが多いが、過去には和也の同級生が参加したこともある。基本的には和也が立会人となり参加者同士1対1での勝負となる。いつも同じ決まったゲームをしているのか、ゲームの種類が複数あるのかは不明だが、一例として和也の回想ではテーブルについた二人の多重債務者が1対1でカードゲームのようなものをしている様子が描かれた。, 挑戦者は特殊な構造のヘルメットを装着して、くじ引きで決めた順に座り(前から順に「3・2・1」となっていて、後ろほど高い位置になる。席の構造上、1番席は2番・3番の様子が分かり、2番席は3番の様子のみ分かり、3番席は誰の様子も分からない)、ベルトで体を固定する。そしてルーレット(ヘルメットのランプが点滅)により、1人の「救出者」と2人の「人質」を決める。なお、実際には同じ人が連続して「救出者」に選ばれることはなく、「救出者」になった人は次のラウンドは必ず「人質」となる(言い換えれば、「人質」になった者は次のラウンドは2分の1の確率で「救出者」になることになり、さらに言い換えれば「救出者」になった次のラウンドは必ず「人質」になるが、その次のラウンドもしくはそのまた次のラウンドのどちらかで「救出者」になれる確率は4分の3もあるとも言える。なお、この設定はラウンド13をクリアした後のインターバルで公表された)。ヘルメットには大音量の音楽が流れているため、周りの声は一切聞こえない。もちろん自分のランプが点灯しているかどうかもわからない。無論、振り向いて他のランプを見ることも禁止。1ラウンド終了ごと、前方に設置された時計に「人質解放ボタン」を押した時点でのタイムが表示される(ゲーム中は表示されない)。, 「救出者」に選ばれた者は、自力でそのことに気付き、スタートして30秒以上1分1秒未満の間(ゲーム中挑戦者にはタイマーが見えない)に席にある「ベルト解除ボタン」で自分のベルトを外し、前にある「人質解放ボタン」を押せばクリア。クリアするごとに賭け金が倍々ゲームで増えていき、1億円を突破すれば挑戦者の勝利、1億円をもらえる(今回の挑戦者は所持金が2,150円だったため、1億を突破するには16回連続でクリアしなければならない。なお、16ラウンドをクリアした場合、本来の賞金額は140,902,400円になるが、最終的な金額は1億円でストップされる)。クリアした後は、そのときボタンを押したのがスタートしてから何秒後(ただし秒未満は切り捨て)だったかが全員に知らされた上で、もう一度くじ引きで席をシャッフルして続行する。, ただし、スタートしてから30秒未満のうちに救出者が人質解放ボタンを押した場合は失格。全員命は助かるが、賭け金は没収されてこの後の挑戦権も失う。救出者が人質解放ボタンを押さないまま1分1秒経ったり、人質が人質解放ボタンを押した場合は救出失敗。「人質」2人のヘルメットの中敷がリモコン操作により膨張して、頭蓋骨や脳を1分と時間をかけて圧迫・粉砕し、人質2人は死亡する。また、ベルト解除ボタンは最初に押されたものだけが有効であるため、誤って「人質」がベルト解除ボタンを押してベルトを解除した場合、その後に救出者がいくらボタンを押しても救出者のベルトは解除されないため、その時点で救出失敗・人質の死亡が確定する。なお、救出失敗の場合生き残った救出者を勝者とみなし、クリアの場合と同様に賭け金を倍にした状態でゲームそのものは終了。その賭け金は救出者が独り占めとする(言い換えれば「人質2人を見殺しにすれば、賞金を独り占めできる」ともいえ、さらには「早く人質を見殺しにして賞金を独り占めしないと逆に見殺しにされる恐れがある」ともいえる)。, 前もってゲーム参加者3人が打ち合わせなどできないように、ルールや攻略法の説明は1人ずつ個別に行われる。何より時計も持たずプレイヤーの体内時計による感覚という曖昧なものと、プレイヤー間での意志の疎通ができない状況のため、「救出者」がより下の段の者であるほど、その難易度は格段に上がる。, 1ゲーム終わるごとに救出者がボタンを押した秒数を全員が確認することができる時計が設置されている。また合図等は原則として禁止ではあるが、これは予めゲーム前に相談などで決めることを禁止している側面からゲーム中に開発した「以心伝心システム」の手首の小さな上げ下げなどは黙認されている。しかし、ルールそのものが「人質を見殺しにすれば、賭け金は倍になった上で独り占めできるが、それをやらないでいると逆に見殺しの危険に晒される」という、裏切りを扇動する構造になっているため、実際には3人での完全制覇は困難を極める。, このゲーム専用の装置「マザー・ソフィー」(和也曰く、「一度電源を入れたらどちらかが破滅するまで止まらない神聖な怪物」)に座って行われる2人用のポーカー。タイトルどおり互いに1枚のカードを使って勝負する(戦争に近い)。マザー・ソフィー自体は帝愛所有の倉庫内にあるタワーの頂上に存在する。全てが機械仕掛けであり、対戦する2人の資金を除けばおそらく(和也が把握する限りでは)完全公平なギャンブルマシーン。, まず、ジョーカーを抜いたトランプ3セットを入念にシャッフルし、1つの山を作る。そこにどちらか一人が「カッティングカード」と呼ばれるプラスチックの板を差し込み、そこより上のカードを破棄し、残った分を「神の手」と呼ばれるカード分配装置にセットする。そして、椅子に座りベルトを装着することで電源を入れる。その後、タッチパネルで名前と所持ライフ(後述)を入力して準備完了となる。はじめに両者ともに2枚ずつ手札が配られ、その2枚を自分の目の前にあるカード提示ボックスに表向きに置く(もちろん相手からは見えない)。するとその手札をカメラが読み取り、手札の内容がUP (A - 8) かDOWN (7 - 2) をランプで相手に知らせる。, UPが2つ点灯すれば2枚ともA - 8、DOWNが2つ点灯すれば2枚とも7 - 2、両方が1つずつ点灯すれば1枚はA - 8、もう1枚は7 - 2となる。これを踏まえた上で、2枚のうち1枚を裏向きに提出、その後通常のポーカーと同様にライフ(後述)を積み合い、賭け金が折り合ったらカードをオープンして勝負。数字の大きさで判定し、Aが最も強く、2が最も弱い。ただし、Aと2がぶつかった場合に限り2の勝ちとなる(和也曰く、Eカードで奴隷が皇帝に勝つのと同じらしい)。同じ数字同士の場合はスートに関係なく引き分け。1ゲームが終わるごとに使ったカードは捨て、また1枚ずつ手札を補充する。カードを配る順番は、直前のラウンドで勝った方から先に配られる。ただし、最初の手札2枚はタッチパネルのそばにあるボタンを押した方(話し合いによって決める)から先に配られる。なお、使用しなかった方のカードは手元に残る。そのため、負ける確率が高いからと言ってDOWNを出さずにいると、いずれ両方DOWNというどうしようもない状況になりかねないため、敗北覚悟か相手の裏をかくかでDOWNを破棄する駆け引きが必要となってくる。また、ダブルUPvsダブルDOWNという状況になった場合、ダブルUP側の勝ちがどちらの側から見ても濃厚であるため、常識的にはどちらも2枚のカードのうち弱い方を出すのがセオリーであるが、あえて強い方を出すことによってもう1枚はさらに強いカードであると思わせる駆け引きもある。, 作中でカイジと和也が勝負する時の最小賭け額は1ライフ。なお、「ライフ」は世間一般のサラリーマン正社員の生涯賃金とほぼ同じ2億円を1とするお金の単位である(作中では金色の人形で表現されていて、サイドテーブルに置いて管理する)。ゲーム開始後に資金を継ぎ足しライフを追加するという行為は禁止である。負けた場合、失ったライフの分だけ座席が押し込まれ(逆に勝てば押し込む)3連敗で端まで到達するが、さらに負けた場合は動きはなし。端に空いた穴から落ちるわけではなく、形勢の優劣を分かりやすく見せるための仕掛けである(ただし後述する「赤ライフ」を賭けた場合、話は別となる)。, 通常のポーカーと同様に、ライフのレイズ(上乗せ)も可能。カードを出した後、お互いにソフィーから「コール or レイズ?」と尋ねられるので、レイズを宣言したい場合、手持ちのライフから任意の数を場に追加する。相手は「レイズ or ドロップ?」と尋ねられるので、ドロップ(降り)をしないならライフを相手と同じ数だけ上乗せしてコールするか、また相手よりも上乗せして逆レイズする。この時に相手がコールボタンを押して勝負を求めても、再度レイズを仕掛けることも可能である。この手順を繰り返して最終的に両者がコールボタンを押すか、ライフが両者の釣り合う数である天井(例えば片方の手持ちが5つ、もう片方が3つなら最大3つ)まで達したらコールとなる。コール前にドロップで決着が付いた場合は、ドロップした側が賭けていたライフを失い、カードは勝負とは関係なく開いてお互いに見せる。, どちらかがライフをすべて失い「バンクラプシー」(破産)となった時点でゲームセット。その際、サイドテーブルの引き出しを開けるように促され、本人が希望すれば中に入っている赤い人形(すなわち自分の生命)を賭けてゲームを続行できる(賭けると発光し、赤ライフ用のプログラムが起動する)。もしこれを失った場合、「敗者処刑システム」が作動。椅子がさらに後退し、椅子ごと逆さまに吊るされた状態でベルトが解除・収納され頭から落下、確実に即死となる。救済チャンスとして、22.5°に設定された網がルーレットのように回転しているのをお互いの引き出しに入っているスイッチで止めてそれにしがみつけるようになっているが、確実に網の中心を捉えなければ弾かれて結局落下してしまう。和也がマネキンで試した結果、満足にセーフな位置で止められなかった上に、止められたとしてもバウンドして落下してしまうなど、その成功率は絶望的である。なお、このスイッチを5秒間以上押し続けると処刑が中止される。ここで勝った場合、その後赤ライフを賭けるかどうかは自由であり、次の終了は通常のライフがなくなった時点とすることもできる。但し、一度でも赤ライフを賭けてしまうとレイズの上限も相手の「赤ライフも含めた」ライフ数となるため、自分の通常ライフ数を超えるライフまでレイズされたら、赤ライフを賭けるかそれが嫌ならドロップするしかなくなる。, 一条が支配人を務める裏カジノで行われているアトラクションで、鉄骨渡りに代わる「新ブレイブ・メン・ロード」である。, 奴隷(多額の負債を負った挑戦者)が、3ヶ所の檻を前にした逃げ場の無い空間に足を枷で繋がれた状態で閉じ込められる。奴隷は3個のボタンのいずれか一つだけを押すことができ、ボタンを押すとそれに連動した檻が1ヶ所開く。姫(挑戦者の仲間)が入った檻を開ければ賞金3000万を手にして解放されるが、それ以外の檻にはライオンが入っており開けると襲われ死ぬ。, どのボタンが当たりであるかはその場で姫に通知される。姫はその内容を奴隷に教えても構わない。しかし姫は奴隷が死ねば単独で300万が手に入るため、当たりのボタンを教えてくれる保証は無い。奴隷は姫の発言の真偽を正しく見抜けなければ命の危険に晒される。得られる金額的に姫が裏切る理由は無いように見えるが、奴隷は多額の負債を負った者から選ばれるようになっており、3000万円を手に入れても負債の返済でほぼ無くなる事が前提になっている, 元々は『姫と虎』という名前にする予定だったが虎が調達できずライオンに変更されたため名前も変わった[4][5]。元ネタはフランク・ストックトン(英語版)の小説『女か虎か(英語版)』。, スタッフのピストルの合図でゲームがスタートし、同時に目的地となるビルの場所が垂れ幕によって伝えられる。いち早く該当ビルの屋上に到着し高さ約8mの棒の頂上に貼られたカードに最初に触れた参加者が勝者となる。カードの表面は人生逆転カードと呼ばれ、電卓のように数字を打ち込むことでその分のお金が獲得できる(上限は9億9999万円)。裏面は魔法のキーで、人生を変える極秘情報が得られる。勝者はカードの表か裏のどちらか1つを選択することが出来る。, 変則のロシアンルーレットギャンブル。10本あるロープの中から1つを選び、バンジージャンプの要領で落とされる。1本だけあるアタリのロープを選べば地面すれすれで止まって生還でき大金を手に入れることができるが、残りの9本は固定されておらずそのまま地面に叩きつけられ死亡する。, 本来は人間競馬のように富豪たちがどのロープが当たりかに賭けるギャンブルであるが、カイジが参加した回は投票券を買った客がおらず参加者もカイジ1人だったため、カイジが生還すればカイジが持ち込んだ賭け金を10倍にするという特別ルールが用いられた。, 保有資産が拮抗している2名の参加者が全財産を金塊に換え、天秤ばかりの上に乗ってその重さを競い合うギャンブル。参加者自身の保有資産に加え4つの「F」で表される支援者を付けることができ、ゲーム前やゲーム中にいかに相手方の支援者を説得して自陣に取り込めるかが鍵となる。, 支援者は大きくFRIEND(フレンド)、FIXER(フィクサー)、FAMILY (ファミリー)の3つに分けられ、ルーレットによりその順番が決定する。現金だけでなく芸術品や土地の権利書といった金目の物も最新鋭のシステムを導入した鑑定機で金塊に変えることができる。またFAN(ファン)と呼ばれる観客は勝つと思う側の秤に金貨を投票できる。金貨にはナンバリングが施されており、誰がどちらの秤に投票したのか分かるようになっている。投票終了後に勝者側に投票していた場合、掛け金の2倍の金額を受け取ることができる。しかし天秤は時間と共に上昇していきFANの投票時間であるゲーム終了間際にはかなり高い位置になっているため、必然的に金貨を投げ入れる形になり秤に乗らずに地面に落ちることもある。この場合金貨は元締である帝愛に没収されてしまう。, 高倉浩介が接待目的で頻繁に行なっているゲームで、ルールは普通のジャンケンとあまり変わらないが 、3回勝負のうち1回は必ず手のひらサイズの純金を握る、つまり3回のうち必ず1回はグーを出さなければならない。なお金を握った上でグーで勝った場合、ボーナスとしてその金を貰うことができる。, 『逆境無頼カイジ Ultimate Survivor』(ぎゃっきょうぶらいカイジ アルティメット サバイバー[注 19])のタイトルで、2007年10月2日から2008年4月1日まで日本テレビほかにて放送された。全26話。内容は原作第1シリーズ『賭博黙示録カイジ』に相当する。第2期は『逆境無頼カイジ 破戒録篇』(ぎゃっきょうぶらいカイジ はかいろくへん)のタイトルで2011年4月から9月まで同じく日本テレビほかにて放送された。全26話。内容は原作第2シリーズ『賭博破戒録カイジ』に相当する。, 2005年から2006年に同局にて放送されたアニメ『闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜』の主要声優やスタッフが多数参加している。, 原作における過激な言動や行為はテレビ局の自主規制などにより若干抑えられた描写になっているが、ほぼ原作を忠実になぞっている。また、福本作品の特徴的な演出である「ざわ…」は効果音やBGM・背景に多用されている。, 番組の最後には作中から主な台詞を紹介する「カイジ箴言」というコーナーが設けられた。第2期では台詞を紹介する「カイジ箴言リターンズ」か関連商品を紹介する「カイジ宣伝」のいずれか。題字は福本が担当した。, 第1期最終回の「カイジ箴言」にて、2年後(2010年)をめざして第2期を制作・放送することが公表されるが、実際には約3年が掛かった。また、『破戒録篇』のエンディングアニメで『賭博堕天録カイジ』冒頭のデートシーンも映像化されている。, 日テレオンデマンドでも配信されている。ただし、「カイジ箴言」と「カイジ箴言リターンズ」はカットされている。, 2015年にはコロプラとのタイアップで、織田信成が特殊メイクでカイジに扮する『東京カジノプロジェクト』のテレビCMが放送された[6]。, 映画第1作は『カイジ 人生逆転ゲーム』(カイジ じんせいぎゃくてんゲーム)のタイトル[注 28]で、日本テレビ製作、東宝配給により2009年10月10日に公開された。講談社や東宝を含む十数社の共同による製作委員会方式だが、プロダクション業務をはじめ日本テレビグループや系列局が中心になっている。, 天海祐希演じる遠藤は原作と性別が変更されており、ヒロインのポジションになっている。佐原誠役の松山ケンイチは、友情出演という形で出演しているが中盤では登場時間、セリフ共に非常に多い役でいわゆるカメオ出演的なものではない。また、作者の福本が黒服の一人として特別出演している。ストーリーは『賭博黙示録カイジ』と『賭博破戒録カイジ』の一部を基にしている。, キャッチコピーは、「ようこそ クズの皆様」・「考えろ、裏をかけ。そして未来を手に入れろ。」。公開時には『人は勝たなきゃ嘘だ』『俺は生きてるぞ!』と劇中の台詞が書かれた箸『ブレイブ・メン・ロード箸』や、カイジの名前が書かれた『カイジの給料袋』という封筒(ペリカを模したメモ帳91枚入り)などといった劇場限定グッズが発売された。, 2010年10月15日に『金曜ロードショー』25周年企画として地上波初放送された。, また2018年には『動物世界(Animal World)』と言うタイトルで中国でリメイクされた作品が上映された。, 映画第2作は『カイジ2 人生奪回ゲーム』(カイジツー じんせいだっかいゲーム)のタイトル[注 30]で、2011年11月5日に公開された。キャッチコピーは「おかえり、クズの皆様。」・「ダマして、奪え。俺たちの未来を取り戻せ。」。, 脚本には原作者である福本も参加し、共同執筆した。「チンチロ」「沼」編をベースにしつつも、ストーリーは原作を大幅にアレンジしている。さらに、福本の発案によるオリジナルギャンブル「姫と奴隷」が追加された。本編に登場した沼パチンコは、パチンコカイジシリーズを販売しているパチンコメーカーの高尾が製作協力をしている。また、公式サイトでは実際に沼パチンコを楽しむフラッシュゲームがあり、3段クルーンをクリアすると先着5名に撮影で実際に使用された小道具をプレゼントする企画も行われた。, 全国316スクリーンで公開され、2011年11月5、6日の初日2日間で興収3億4,967万7,200円、動員26万429人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった[11]。, 2012年4月25日発売。発売・販売元はバップ。全商品共通で本編ディスクには劇場公開版本編の他、未公開シーンを追加した長尺版本編を収録。トップメニュー画面から未公開シーンのみを選択して再生することも可能。, 映画第3作は『カイジ ファイナルゲーム』のタイトルで、2020年1月10日に全国公開された[12]。前作『カイジ2 人生奪回ゲーム』以来9年ぶりの公開となる[12]。キャッチコピーは『アイツが帰って来る―』[13]。, 原作者である福本伸行のオリジナルストーリーであり、福本自身は前作同様に脚本にも参加し、共同執筆を行った[12]。なお、福本によれば脚本は4年前には完成していたといい、なかなか企画が前に進まなかったが、やっと公開されることに対して喜びのコメントを出している[12]。福本のオリジナルストーリーであるため、原作には登場しないオリジナルゲーム「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」が登場する[12]。さらに登場人物において、黒崎義裕は原作および映画第2作に登場するが、高倉浩介、桐野加奈子、廣瀬湊は映画だけのオリジナルキャラクターとなっている[14]。, 2018年に中国でリメイク映画化された。邦題は『カイジ 動物世界』(原題:動物世界)。, 日本では「未体験ゾーンの映画たち2019」の上映作品の一つとして2019年1月18日に劇場公開された[15]。, 2011年11月1日よりBeeTVでシリーズ第1作『賭博黙示録カイジ』がサウンドコミックとして配信されている。これは漫画の絵にパンなどの画面効果を加えた映像に声優が声をあてたラジオドラマで、第1部『希望の船』が配信中である。『絶望の城』以降の配信は不明。現在は公開終了。, 2020年12月4日から6日まで京都・京都劇場、10日から13日まで東京・ヒューリックホール東京にて上演予定。[17], TBSテレビ系全国ネットで2017年12月28日22:00 - 23:54に放送[注 33]。本作をモチーフとしたバラエティ番組。演出には水曜日のダウンタウンなどで知られ、番組内の企画でもペリカなどカイジネタを多用している藤井健太郎が務めた。, 事前の書類選考や面接で選ばれた、現実に借金を抱える12人が集められ、賞金200万円+ペリカ(1ペリカ=0.1円相当)[注 34]の獲得を目指す。また原作者福本公認で元ネタの『カイジ』の物真似をしている伊藤こう大も参加している。, 番組の合間には参加者の過去を振り返る映像や、敗退者のその後にも密着するなど「リアリティ番組」的な要素もある。, また、演出の一環として「利根川幸雄」(演:名高達男)が「黒服」たちと共に登場する趣向も用意されている[27]。, 結果は235万円の借金を背負った岡山県在住・24歳無職の男性が優勝し、200万円に加え番組内で獲得した350万ペリカ(=35万円)相当のインゴットが授与された。, シンガポール等にある現実のカジノは1発100ドル程度がノーマル設定、安価設定でも25ドル設定となっており、 3 huluでカイジ人生逆転ゲーム関連作品をあわせて観よう! 4 映画「カイジ人生逆転ゲーム」のあらすじ・キャストについて. 【逃亡者(テレビ朝日)】第2夜のネタバレと感想!犯人は分っていた豊川悦司にモヤモヤ!, 【逃亡者(テレビ朝日)】第1夜のネタバレと感想!俳優と映像は豪華だがツッコミ所満載!, 【年末年始ドラマ】2020-2021のスペシャル番組一覧|一挙再放送・イッキ見は?, 【24 JAPAN/日本版】9話のネタバレと感想!六花(木村多江)が娘の身代わりに!, 利根川のように常に勝ち続けているが弱者を容赦なく踏みにじり、失うことを恐れてあらゆる手を使う人間. 4.1 映画「カイジ人生逆転ゲーム」のざっくりあらすじ; 4.2 映画「カイジ人生逆転ゲーム」のキャスト紹介. 『カイジ 人生逆転ゲーム』(09) 『恋妻家宮本』(17) 『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(17) 『最高の人生の見つけ方』(19) 映画「カイジ 人生逆転ゲーム」の動画をフルで無料視聴するなら動画配信サービスu-nextが一番おすすめです。 配信サービス 配信状況 無料期間 u-next 見放題 31日間 今すぐ動画を視聴するならこちら 無料 … 香川照之. 佐藤慶. カイジ 人生逆転ゲームのキャスト. 『カイジ 人生逆転ゲーム』へ戻る. 吉高由里子(役:石田裕美) 石田の一人娘。父親のせいで借金を背負うことになってしまい、帝愛グループが経営するパチンコ屋で働いている。 映画【カイジ人生逆転ゲーム】のみどころ カイジの原点 松尾スズキ. 映画『カイジ人生逆転ゲーム』は大人気漫画『カイジ』の実写映画化の第一作目となります。 最近新作『カイジ~ファイナルゲーム~』の制作が発表されましたので、せっかくなので『カイジ』の過去作品の映画レビューをしていきたいと思います。 第2回の開催に向け、兵藤の要請を受け利根川は津久井に先に行くほど細くなっている鉄骨を発注させるが、津久井は報・連・相が苦手であるため、その結果鉄骨の用意に失敗し、苦肉の策として物干し竿を採用した。結局、参加者がギブアップで全員生還となり、兵藤の怒りを買った。, 「皇帝」(1枚)「市民」(8枚・各4枚1セットで、一枚ずつ微妙にイラストが異なる)「奴隷」(1枚)の3種類(計10枚)のカードを使用する。これらのカードにはジャンケン同様三すくみの関係があり、「皇帝側(「皇帝」1枚,「市民」4枚)」と「奴隷側(「奴隷」1枚,「市民」4枚)」に分かれ、時間差で1枚ずつ出し合って勝敗を決める。三者の関係については、「皇帝」>「市民」>「奴隷」>「皇帝」である。「皇帝」は「市民」に勝ち(「皇帝」は「市民」を支配する権限を持っているため)、「市民」は「奴隷」に勝ち(「市民」は「奴隷」より地位や生活が担保されているため)、「奴隷」は「皇帝」に勝つ(「奴隷」はどうしようもないクズであり、その執念で「皇帝」を討つ)という意味である。兵藤曰く、「Eカードは社会の縮図だが、現実そのままでは味気なさ過ぎるので、若干だが夢を持たせた」とある。, EカードのEは皇帝 (Emperor) から来ている。このカードはニンテンドーDS用ソフト『逆境無頼カイジ Death or Survival』の予約特典として存在し、実際にプレイすることができる。過去に一般販売され、ペリカも付属していた。, 通常のジャンケンと異なる最大の特徴は、両者が所持するカードの構成が平等ではないことである。前述した通り、「皇帝側」は「皇帝」カードを1枚と「市民」カードを4枚、「奴隷側」は「奴隷」カードを1枚、「市民」カードを4枚持つ。最も多い「市民」同士であればあいこになるだけなので、事実上「皇帝」もしくは「奴隷」による1勝で決まる。3戦ごとに「皇帝側」と「奴隷側」を入れ替えて再スタートし、計12戦を行う(映画では3本勝負)。, 「奴隷側」は、「皇帝側」のたった1枚の「皇帝」に合わせて1枚の「奴隷」を出さなければならないが、「皇帝側」は4/5を占める「市民」のどれかに合わせて「皇帝」を1枚だけ出せれば勝てる上、「市民」を出しているうちに「奴隷側」が読みを誤り、「奴隷」を出して自滅するという勝ちパターンもあるため、「皇帝側」がルール上有利になっている。この格差を埋め合わせるため、「奴隷側」で勝利した場合の報酬は通常の5倍(映画では10倍)とされている。ただし、カイジの場合は「皇帝側」で負けても針が5倍の距離進むことはないと設定された。, カードを提出する順番は、1、3ターン目の提出は「皇帝側」が先出し、2、4ターン目は「奴隷側」が先出しとなる。カードは1ターンにつき5分以内に伏せた状態で出すが、後出し側は自分がカードを出す前に先出し側の顔色をうかがうことが可能である。また、両者ともカードを出す際は、無作為なカードの選出を行ってはならない。最低一度はカードの表を見てからカードを出さなければ反則となる。これはあくまでEカードは心理戦を主とするゲームであり、運で勝敗を決めるものではないからという理由で説明される。, 5枚あるカードを1枚ずつ出して行くため理論上は5ターンまであるが、勝ち負けが発生するのは「皇帝」や「奴隷」のカードが出された回のみであり、4ターン連続で「市民」同士になった場合、残ったカードは「皇帝」と「奴隷」だけになるため、最大で4ターンで勝敗が確定し1戦が終了となる。, 本来は大金を賭けて勝負するが、無一文の場合は目もしくは耳を賭ける。リモコン操作で針が進むという装置を目や耳に取り付けて1ミリ単位で賭け、30ミリ分負けると針が眼球や鼓膜に到達する(このゲームは「聴力を賭けた勝負」とされるが、鼓膜は破れても自然と再生するので、聴力を失うのは一時的なものであって、致命的な影響はない)。この装置は一旦装着すると専用の工具を使わない限り外せず、無理に外そうとするとリモコンのアラームが鳴る。, 勝った時にもらえる金額のレートは1ミリにつき「皇帝側」なら10万円で「奴隷側」なら50万円。30ミリ分負けて針が器官に到達すれば12回戦行っていなくてもその時点でゲームオーバーとなり終了するが、実はこの装置は別の箇所にも使用できるようになっており、針は最大45ミリまで伸びる。利根川は、このゲームで勝つための相手の心理の読み方などを説いていたが、実際は装置には心拍数などを計測する機能がついており、その情報が利根川の腕時計に送られ、その情報で相手の出したカードを判断するという不正を行っていた。カード選出の際一度はどのカードか見なければいけないとしたのは相手がカードを見てくれないと出したカードの種類による心拍数などの変化を読み取れないためであり、カード選出に制限時間を設けたのも制限時間をつけることによって時計を見る行為が不正のためのものだと気づかれにくくするためである。, Eカードで勝利したカイジが兵藤との勝負をするために考え出したギャンブル。空にしたティッシュ箱にペーパータオルで作ったくじ(○を書いた当たりくじ1枚とはずれくじ数十枚)を入れ、交互にくじを引いて先に○を引いた方が勝ちという単純なもの。カイジは当たりくじをあらかじめティッシュ箱の側面に仕込んでおくという不正を考えていた。, 地下王国の事情を加味し、特別ルールを付け足した変則的なチンチロリン。考案者はE班班長・大槻。, 1人が親でそれ以外が子となり、出目の強弱を子1人1人が個別に親と比べ合い、勝った方が賭け金を役に決められた倍数で受け取ることができる(賭け金は子が決める)。なお役目は456(シゴロ)が2倍づけ、2 - 6ゾロが3倍づけ、1(ピン)ゾロが5倍づけ、123(ヒフミ)が2倍払いである[注 13]。また、地下オリジナルルールとして、, これらの特殊ルールについては、大槻により「大きな勝ちも負けもなくして、金のない地下でゆるゆるだらだら勝負を楽しむため」という説明が成された。, 『1日外出録ハンチョウ』では「班長特権」で特例として認められている。 1 映画【カイジ 人生逆転ゲーム】動画を無料視聴する方法. 光石研. 現実のカジノのパチスロの場合は、5ラインで1回転した場合は1回転500ドルとなるため沼は比較的良心的かつ、入門向けな価格帯となる。 カイジ 人生逆転ゲームの監督・キャスト・あらすじ・主題歌 カイジ 人生逆転ゲームの監督・製作. 考案者は兵藤和尊とされている。 多額の借金を抱えてしまった《負け組》の青年カイジが、どん底に陥った人生を逆転するための危険なゲームに挑む。福本伸行の人気漫画を藤原竜也主演で実写映画化! カイジ カイジ 〜人生逆転ゲーム〜 藤原竜也 天海祐希 香川照之 山本太郎 光石研 松尾スズキ 吉高由里子 カイジ2 〜人生奪回ゲーム〜 伊勢谷友介 生瀬勝久 嶋田久作 帝都物語 カイジ ファイナルゲーム 福士蒼汰 関水渚 新田真剣佑 吉田鋼太郎 山崎育三郎 福本伸行 今回は『カイジ(映画)』の作品順と見る順番をまとめ、さらに各作品のギャンブルゲームの内容について解説しました。大人気の『カイジ(映画)』シリーズ。2020年1月には最新作『カイジ ファイナルゲーム』が公開されました。そこで「どの順番で見るの 1.1 映画「カイジ 人生逆転ゲーム」を配信中の動画配信サービス; 1.2 動画共有サイトは違法性やウイルスに注意! 1.3 カイジ 人生逆転ゲームの無料フル視聴でおすすめはu-next 佐藤東弥. 2020年7月15日(水)Blu-ray&DVD発売!主演は、藤原竜也。新キャストとして福士蒼汰、関水渚、新田真剣佑、吉田鋼太郎の4名が出演! 上京後、定職にも就かず自堕落な日々を過ごしていた伊藤開司(カイジ)は、ある日、金融業者の遠藤により、かつて自分が保証人になっていた借金を押し付けられ、法外な利息により385万円にまで膨らんでいることを知らされる。 超豪華!カイジ2の舞台裏見せちゃうぞSP 〜藤原竜也×伊勢谷友介×吉高由里子インタビュー〜, 両作品共に、ストーリーの展開やギャンブルのルールに多少のアレンジや省略、統合がある。, 原作では石田光司の家族にパチンコ屋に勤める妻と借金漬けの息子(後にカイジによって救済された)がいたが、映画ではパチンコ屋で働く一人娘のみになっている(この変更はアニメ版を踏襲している)。次作ではカイジと手を組む展開となっている。, 原作ではカイジが地下帝国で初めて飲むビールに「犯罪的に旨い」と言うが、映画版では第1作で遠藤との祝勝会で飲むビールに「悪魔的に旨い」と言い、第2作でも地下帝国から出たあとに炊き出しの汁物を食べた際に同様の発言をしている。, 遠藤の性別が女性に変更され、名も「遠藤凛子」となっている。帝愛での序列も、原作での利根川派閥一員から、冒頭の帝愛幹部一斉招集までは利根川とほぼ互角という設定に変更された。また、カイジに10分で3割複利の高利で金を貸したのが「沼」から「Eカード」に変更された。, 第1章「希望の船」→第2章「絶望の城」→第3章「欲望の沼」ではなく、第1章「希望の船」→第3章「欲望の沼」(地下施設強制労働まで)→第2章「絶望の城」という展開順序に変更された。第3章「欲望の沼」での地下チンチロリンは登場せず、カイジ自らがスターサイドホテル鉄骨渡りを志願(通常は地下工事素行不良者が制裁のために強制参加させられていた)するという形で第2章「絶望の城」の展開へと繋がるようにされた。なお、人間競馬のシーンはカットされ直接鉄骨渡りのシーンになっている。, 「希望の船」で古畑と安藤は登場せず(古畑は名前のみの登場)、カイジは石田と組んでいる。原作ではカイジと石田はエスポワールから生還を果たすが、映画では最後に石田がカードをうっかり1枚余らせてしまい、カイジは石田とともに地下で強制労働となった。, カイジに付けられた焼印が、原作では数字だったのに対し、映画では帝愛の社章に変わりマイクロチップが埋め込まれている。, 原作では佐原の下の名前は不明だが、「誠」という下の名前を追加。また、原作でのカイジがエスポワールを降りた後にコンビニでアルバイトをする描写がカットされ、さらに佐原は地下帝国の作業員という設定になっており、彼がカイジに初対面する場所は地下帝国になっている。, 原作では利根川にEカードで勝利したあと会長と勝負して敗北・勝ち金を失うが、映画では利根川に勝利したあと遠藤に勝ち金を持ち逃げされる。, 班長が地下チンチロリンでイカサマサイコロを使用していた期間が約半年間に縮小され、カイジに見破られ暴露されるまでの経過も殆ど省略された。班長が不法に貯め込んだ大金の奪取も、主人公版イカサマサイコロによる再勝負での勝ち分としてではなく、トリックを見破った時点で償い金として行なっている。, 原作では黒崎とカイジの初対面は地下チンチロ勝利直後だが、映画版では地上外出直前である。, 原作で沼の情報や助言をカイジに流す遠藤の立場を、1作目で失脚し本作で再登場する利根川が代行。, 原作では利根川が「Eカード」でカイジに敗れた後の消息は不明だが、本作では4000万円の負債を背負い地下帝国送り(頭脳明晰なため地上労働に配置転換、ただし地下で労働していたのかは不明)となっている。そしてスラム街でカイジと再会、その後手を組む展開になっている。, 原作では一条は高校卒業後に帝愛に就職をしているが、本作では連帯保証人になったのが原因で地下帝国送りとなっており、のちに鉄骨渡りに参加・生還して這い上がってきた設定になっている。, 石田光司の実子(原作では息子、映画版では娘)の所在について、原作では地下帝国に送られていたが、本作では帝愛裏カジノの従業員(一条の部下)として働いている。カイジに対する態度も、頼りにならない父から尊敬・畏敬されていた(ただし、実子はその人物評価に懐疑的)人物であったが、本作では上司である一条に唆され、鉄骨渡りで父親を突き落として死に至らしめた仇と見ている。他、原作で坂崎におとり情報を流す従業員の役割も本作で担っている。, パチンコ「沼」攻略で5000万円を使い果たした後の追加資金は、原作では遠藤(1000万円)・坂崎(2000万円)が現金で用意。映画版ではカイジ(100万円)・坂崎(200万円)・利根川(1000万円、ATMカード)・石田の娘(1000万円、ATMカード)が用意。, 映画オリジナル・ギャンブル「姫と奴隷」の挿入。他、「Eカード」(利根川の手作り品使用)が再度登場する。, 主人公がパチンコ「沼」での(仲間救出分費用を抜いた)取り分の殆どを組んだ相手(原作では遠藤、本作では利根川)に奪われる設定について、原作では法外な利子支払いで騙し取られ、映画では最後の一勝負の最中に謀略で騙し取られる。, 主人公が地下帝国から救出した仲間達との祝勝会参加費について、原作では監視黒服の一人による奢りだったが、本作では利根川が負担。, 優しいおじさんは映画では直接登場しないが、DVD・ブルーレイ版で追加されたシーンで三好が「優しいおじさん」という発言をしている。, この一覧は日本の実写映画版カイジシリーズに登場した重要キャラクター達(主なフルネームのキャラクター)の一覧となっている。, アンサンブル:乙木勇人、楠木健吾、慶洲、田中亮、降矢佳典、細川陽平、山宮弘毅、若林佑太, ということが度々攻略サイト等に記載されているが厳密には事実ではなく、実際にはセーブルームでセーブを行った後にのみ起こるイベントであり、シナリオの事前に行うセーブについてはこのイベントが発生しない。また強制労働を断っても、セーブが抹消されるのではなく、こまめに行うことができる各章の事前に行うセーブまで戻されるだけなので、ほぼ被害がない。強制労働をこなすことでセーブルームで行ったセーブまで戻ることができる。, 2017年、ダービースタリオン マスターズ(ドリコム) ※中間管理録トネガワとのコラボ, カイジ×人狼〜疑心暗鬼編〜(2014年、バンダイ)通信販売サイトプレミアムバンダイでのみ販売。『, 役割を表すコインが2枚配られる。市民か人狼かの「正体」とさまざまな「能力」があり、能力は1日ごとに回収・チェンジされる。, 2017年6月10・11日に開催された「よこすかYYのりものフェスティバル」では、「, 1日個室録ヌマカワ - 登場人物の1人・沼川(地下労働施設E班の班長・大槻の側近)を主人公とした読み切り作品。「. カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年… 藤原竜也さん主演の映画「カイジ」シリーズの1作目「人生逆転ゲーム」。 漫画を実写化した映画ですが、そのキャストは見事なものでした。 その映画「カイジ 人生逆転ゲーム」のキャストを一覧にまとめました。 また、伊勢谷友介さんが出演している? - 無頼な風 鉄 - 銀と金 - 真実の男 大安吉日真太郎 - RUDE(あくたれ)39 - 無頼伝 涯, 福本伸行作品集 - 鉄と天馬 - 最強伝説 真実の男 - 銀ヤンマ 雀鬼たちの伝説, このルールに関してはルール説明時に説明されなかったものである。参加者が各々このルールに気付けるかどうかが命運を分けることもある。, 実際に暴力行為により別室送りになった者は作中での描写はなく、また暴力行為と思しき行為をした者がカイジ含め数人描写されていたが、結果的に不問にされている。, 日本の法律では支払う義務はないが、公海上の他国船籍船内であれば日本の法律が適用されるとは限らない。なお、1000万円借りたカイジの借金は1429万5000円、200万借りた安藤の借金は285万9000円となっていたため、100円以下は切り捨てていた模様。, すなわち、リピーターを除けば参加者はギャンブル内容を知らないまま貸し付けを受けることとなり、その上でいくら借りるかの選択をしなければならないことを意味する。, 主催者側の判断で別室送りになった者のカードの扱いについては不明。作中で唯一主催者側の判断で別室送りになった男は、残りカードをトイレに流して破棄したことで処されたため、そのカードは不可逆的な状態となり、結果として集計されることはなかった。, ただし、星を譲渡した結果星が0個になるような(すなわち「負け」となるような)形がとれるかどうかは不明。実際カイジが自ら別室に堕ちる際には、わざわざ古畑と勝負をして負けるという形をとった。, 負けると星が0になってしまうような賭け方をしてもよい。その勝負の結果星が0になった場合は、当然「負け」となり別室送りとなる。, 別室の者がリピーターの場合星が4つ必要なのかどうかについては作中では触れられなかった。, ただし、『人間競馬』では「前走者を押せる3番手が最も有利」という性質、『電流鉄骨』ではゴール直前に設けられた「ガラスの階段」など、心理的死角が存在する。, 作中では特に場風牌・門風牌の区別はないが、麻雀における西家の立場と説明されている。, 実力や学歴を感じても、どう考えても会社の本質を見抜けているとはいえない人材を落とすなど。, 開始当初は落ち着いた口調であったが、物語の進行と共に徐々に視聴者の不安や興奮を煽るものになっている, 原作者及びカイジ役の萩原聖人はブルーハーツの大ファンであり、原作やアニメ第1話の冒頭でもカイジの自室に「未来は僕らの手の中」と曲のタイトルが書かれた紙が貼られているのが確認できる。また、本作品で佐原を演じた甲本雅裕は、ボーカリスト, 放送開始に先駆け『日テレプラス限定版!「逆境無頼カイジ」放送直前まるわかりSP』を2007年12月27日 22:00 - 23:00 ほかに放送。, 民放連の自主規制により現金による賞金は1人200万円までとなっており、それに加えての「賞品」として獲得ペリカに応じたインゴットが与えられる。, ジャックポットを出せなかった者のつぎ込んだ玉が丸々次の挑戦者への賞金として積み立てられていく, STUDIOSEVEN Recordings / Sony Music Records, 10kgの減量、禁酒、自腹で通った〇〇〇、藤原竜也の過酷な役作りとは?原作者福本先生の出演シーンとは?今夜9時放送!カイジ 人生逆転ゲームの制作裏話を放送前にチェック!, 撮影中にばら撒かれた一万円札の総額は?生瀬さんと香川さんのアドリブ合戦とは?「カイジ2 人生奪回ゲーム」の製作裏話を放送と一緒にチェック!, “織田信成さんが特殊メイクで“カイジ”に扮する『東京カジノプロジェクト』のテレビCMを7月1日(水)より放映開始!”, https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000519.000004473.html, https://web.archive.org/web/20071011024355/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/09/20/03.html, 『ステキな金縛り』V2で早くも100万人突破!『カイジ』初登場2位!『モテキ』150万人突破!東宝作品強し!, “藤原竜也主演「カイジ」9年ぶり新作公開!福士蒼汰、新田真剣佑、吉田鋼太郎ら参戦”, “藤原竜也主演『カイジ』、9年ぶりスクリーン復活! 三好・前田の裏切りにより思いかけず再び孤立無援の死闘となった「17歩」で、カイジは和也の手を借り4時間に及ぶ乱戦の末に村岡を下し、4億8千万円の大金を得る。そして勝負の立会人となっていた兵藤会長の息子・和也に勝負を申し込まれ承諾する。, ゲームの前の腹ごしらえの為、カイジは和也のプロデュースするレストランへと案内され、食事をすることに。そこでの会話の中で彼の小説家という目標と、独自のギャンブル(和也曰く救世主的行為・通称「和也プロデュース」)を開催するようになった経緯を聞かされる。土壇場で裏切るのが人間の真実だと主張する和也と、必ずしもそんな人間ばかりではないはずだとそれを否定するカイジは激しく意見が対立。その言い合いを契機に、友情確認ゲーム「救出」による人間性の実験、カイジと和也の勝負が始まった。, 「救出」に挑むのは日本人の光山、中国人のチャン、フィリピン人のマリオのアジア3人組。3人は幾度となくピンチを迎えながらも成功を重ねるが、疑念と保身、友愛と自己愛を巡る死闘の末、光山の裏切りによって「救出」は終了。 その後、敗者となったチャンとマリオの処刑が行われる寸前、和也の元から思わず処刑実行ボタンのついたリモコンを奪いとったカイジは自身の判断で勝手に処刑の中止ボタンを押してしまう。しかしそのボタンだけでは処刑は止まらぬ仕組みになっており処刑を止めるためには暗証番号を打ち込む必要があった。思わず和也に掴みかかり処刑を中止するようにと詰め寄るカイジに対し、和也は今回に限り特別な処置としてその3人のゲームそのものをカイジに譲渡とし、これより3人の処遇はカイジにまかせると提案。但し、カイジが光山に対してきちんと所定の賞金7045万円の支払いをしてやることを条件とする。目の前で人が死ぬのは見たくはない、が、同時に、どうして赤の他人のためにそんなことをしてやらなければならないのかと激しく迷ったカイジだったが、和也に暗証番号を教えられた瞬間、思わず無意識にボタンを打ち込んでしまい、結果的に光山の賞金7045万円をカイジが支払い、チャンとマリオの2人を救命することとなる。命の恩人となったカイジに感謝したチャンとマリオの二人はカイジの力になりたいと申し出、カイジもそれを了承、仲間に引き入れる。しかしそんな彼らの様子を見ていた和也はしょせん一時的な結束・金で繋がってるに過ぎない似非の友情は気味が悪い、カイジはどこか偽善的であると不信感を募らせる。その後、本来、予定していた倉庫へと移動し新たなギャンブル「ワン・ポーカー」で決着をつけることに。カイジVS和也の対決の火蓋が切られた。, カイジは圧倒的に不利なスタートから混戦へ持ち込むものの、和也により敗北。4億を失うところを和也の提案によりカイジの命をライフへと換算し延長戦へと突入。その後、カイジ自らの命を賭けた延長戦でも、再度、和也に完敗したカイジは気絶してしまう。だが、カイジの気絶中・処刑寸前にチャンとマリオは和也へと詰め寄り、自分たちの命を追加のライフにしてカイジを助けるようにと交渉。譲歩した和也はカイジへの処刑を中止し、勝負は3人の命を賭けた再延長戦にまで突入する。2度の勝利を得ながらも延長戦を許し、カイジたちの命を顧みない狂気に翻弄され追い込まれた和也は苦渋の決断により人生初の禁断のイカサマを発動。そして4人全員の命を賭ける乱戦へと発展した闘いは、24回戦に及ぶ死闘の末に最終的にカイジが勝利、24億円の大金を得た。, 「ワン・ポーカー」に勝利したカイジたちは、敗者となった和也を処刑の危機から救出するも、落下のショックにより和也は気絶。帝愛による報復の危機を恐れたカイジは、勝ち金を無事に持ち帰るため逃走を開始する。逃走の為、倉庫を出た直後、チャンとマリオはアパートへ立ち寄りパスポートなどの手荷物を回収。カイジは坂崎の家に寄り、配当と称し約1億円を渡し、別れの挨拶をすませる。, 倉庫からの逃走に使った軽トラックから足がつくことを恐れたカイジたちは、チャンが一人、広島まで軽トラックを廃棄しに行くこととなる。その間のひとまずの拠点・待機場所とするためにカイジは住宅街の空き家に目をつけ、そこで寝泊まりをすることに決める。一人遠征に出たチャンは途中アクシデントに見舞われ、道に迷うなどの紆余曲折を経た後、無事に軽トラックを廃棄、カイジとマリオの待つ空き家へと帰還する。, チャンの帰還後、カイジは現金23億円というかさばる紙幣を抱えたままの逃亡生活を送るに適したキャンピングカーを、個人経営のディーラーから無期限借用の形で入手する。一方帝愛では、カイジと縁のあった遠藤が黒崎の命によりカイジとチャンとマリオ捜索本部の部長に抜擢され、全国の帝愛負債者や関係各所、協力の元で捜索をはじめる。, カイジ達は、今ある手持ちの現金を「複数の銀行に少しずつ分散させ預金をする」という考えに至るも、カイジは通帳を作る際に必要な身分証明書(国民健康保険証)を携帯しておらず、実家の団地に取りに行かねばならないということを思い出す。団地の敷地内には帝愛による監視の車・見張りが待機していたが、カイジは変装をして見張りの意識をそらし、なんなく住まいのある棟への侵入に成功し母・初江との再会を果たすが、監視、見張り班に合流した遠藤の姿を見かけ部屋から出られなくなってしまう。しかし、杜撰な監視、見張り班の隙を突き団地からの脱出に成功し、チャンとマリオと合流。銀行に1000万円ずつの預金を3人で手分けして開始する。一時は順調に進んでいたが、ある銀行で帝愛負債者の中阪が落としたチラシから、帝愛がカイジ達を「24(億円)組」として、1人1000万円の賞金首をかけている事を知る。間一髪その場を離れたカイジは2人にその事を知らせ、預金をするのを中断しようと意見が出たが、逆に裏をかく事ができるとカイジは妙案を思い付き、見事に遠藤や帝愛関係者たちの目を欺いて着実に預金を進める。, 本作に登場した最初のギャンブル。大型客船「エスポワール」で開催される「第3回クリエイティブクルーズ」で登場。, 参加者それぞれに、星3つと星を貼り付けるマジックテープ、グー、チョキ、パーの3種4枚ずつ、計12枚のカードが配られる。カードを1回につき1枚使用して、他の参加者とジャンケン勝負をする。勝負のやり方は、まず対戦相手を探し、承諾を得たら船内にあるボックスを挟んで1対1で向かい合う。次に「チェック」で自分が出すカードを確かめ、「セット」で伏せて提出(この時点でもう変更はできない)。そして「オープン」で同時にカードを公開。勝った者は負けた者から星を1つもらえる(あいこは星の移動はなし)。使ったカードは結果に関係なくボックスに開いている穴に投入し二度と使用することはできない。投入されたカードは即座に自動的に集計される。船内の電光掲示板には「残り時間」と、「グー、チョキ、パー、それぞれあと何枚ずつ残っているか」がリアルタイムで表示される。すべてのカードを使い切った時点で星を3つ以上持っていれば「勝ち」となる。, 基本的に「負け」となった者は別室送りにされる。ただし例外も存在し、また「負け」とは別に主催者側の判断で別室送りにされる場合も存在する。別室送りに関する事項は次の通り。, 勝てば(厳密にいえば下船がかなった場合)その参加者の乗船までの借金を主催者が全額肩代わりする(前述の「勝負前の貸付」については乗船後の借金であるため適用されない)。, あまりに借金が多い場合は参加を断られる場合があるという。実際、岡林は他の人物にいくらか肩代わりさせ、一人あたまの借金額を減らしてようやく参加できた。, 勝負前の貸し付けに関してはいわゆる暴利であるが、この船に乗っているのは、いずれも多額の債務を背負っている者ばかりであるため、借金一括返済というチャンスを考えれば「良心的金利」であると主催者は語っている。, 「参加者全員に星が3つずつ配られている」という点と「星を3つ確保すれば勝ち」という点から、一瞬「全員あいこを繰り返せば、全員助かる」と錯覚しがちだが、「最後にある星の売買のために、必ず裏切る者が出る」「余った星は主催者が買い取る」「リピーターは星4つ必要」といった要素があるため、必ず「別室送り」になる者が出る仕組みになっている。, また、ゲーム終了後の星の売買は制限時間内に規定数の星を集められなかった者を少しでも救うために認めていると主催者は語っているが、真の理由は別室送りになる者を増やすためである。星の売買を認めない場合、星の数が1つもしくは2つの者達は彼ら同士で勝負せざるを得ないが、この場合半数が星がなくなり別室送り、残りの半数が星3つ集めてクリアとなる。しかし星の売買を認めることにより皆リスクのある勝負を避けて星の売買に賭けようとするが、実際に星の売買で規定数星を集められる者はほとんどおらず、より多くの者が別室送りとなる。, 別室送りになった者は腕に数字が書かれた焼印を付けられる。その後、エスポワールに乗ったままどこかへ連行される(最後の星の売買タイムで救出された者を除く)。船井が聞いた噂によれば、「新薬の実験台にされ、廃人にされる」「ホモへの売春を強要される」といった過酷な運命が待ち受けているという。, 作者は株価の高騰・暴落などの相場の変動を表現したかったと語っている[1][出典無効]。, 『中間管理録トネガワ』では、考案者は佐衛門三郎二朗、ゲーム名を「限定ジャンケン」と決めたのは利根川幸雄とされている。また、使用済みカードの集計システムとして、利根川直属の黒服がボックスの中に入って人力でカウントする方法を取った。, 挑戦者同士のギャンブル対決ではなく、パーティーに参加した富豪がレース結果に賭け、その寺銭とパーティー参加費から賞金が支払われる人間競馬である。, ホテル内に設置された数本の鉄の一本橋(作中では4本。四角い棒状で全長25メートル。渡り始めは足の幅より少し広い程度の太さだが、先へ進むほど少しずつ細くなる)を参加者に渡らせ、参加者は渡り終えると順位に応じ大金を手にすることができる引換券を貰える。ただし参加者が地面や橋に手をつくか、橋から落ちた場合、失格となる。さらに引換券を貰うためには、他の橋の参加者を含めて決められた順位以内に入り渡り終えてしまわねばならない。作中では1回の参加者12人(3人に対し1本の計算で鉄骨が割り当てられていた)の内、1位に2,000万、2位に1,000万の券が渡された(エントリーしていたのは全部で60人、従って5レース行われた)。落下した場合、橋の下には薄いマットが敷いてあるだけの上、8mないし10mの高さがあるため、打ち所によっては負傷や死の可能性もある。なお、負傷した場合はギャンブル終了後に病院まで連れて行かれ治療を受けることができるものの、治療費は負債に加算される。, 橋は4本しかないため必然的に複数人で同じ橋を渡ることになるが、横を通って追い抜くことはできないため、大金を手にするために前に出るには後ろの者は前の人間を落とさなければならない(他の参加者を押して落下させる行為は、ルール上許されている。実際、観客から「押せっ」のシュプレヒコールがかかることも多く、このギャンブル最大の見所と言える)。一方先頭に立つ者はそのようなことをする必要はないが、先に進むにつれ橋が細くなるためたやすく渡りきることは不可能であり、よほど差がない限りいつか追い付かれるという危険性を秘めている。, 作者曰く「限定ジャンケンとは逆に、『直接体を張るギャンブル』にしたかった」と語っている[1][出典無効]。, 無事引換券を手にしたとしても、その後には券を換金する部屋へと行くための最後の橋が待っている。この橋は幅や長さは人間競馬とほぼ同じだが、地上74メートルに位置するため落下したら即死であり、また落ちることを恐れて橋にしがみつく行為を防ぐため(利根川は「鉄骨に手を突いて渡るというぶざまな姿を客人たちに見せないため」と言っている)、橋には電流が流され、手を触れると感電のショックで橋には留まることができず転落するという、失格=即死の戦いである。さらに橋のスタート地点から見えるゴール地点の扉は、開けると気圧変化による突風で吹き飛ばされて落下する仕組みとなっており、これを回避するにはゴール一歩手前にある純ガラス製の橋を通り、ゴールの扉の真上の窓から侵入する必要がある。このガラス製の橋はスタート地点からは確認できず、突風吹きつける橋の上ではそもそも自分の身を守るので精一杯である状況であり、ゴール付近では、ゴールが眼前にあるという心理状態のため、視認することは難しい仕掛けとなっている。なお人間競馬で失格になった者も、失格者多数で余った券や権利放棄者の券を受け取るチャンスが存在する。, 最後の橋はさらに上のランクのパーティー参加者に向けた見世物であるが、ギャンブルの対象とはならない。またこれはあくまで引き替えに付随する作業であるため、引換券に切られた制限時間を過ぎない限り、渡り切るのに有した時間や挑戦者間の順位は賞金に何ら関係しない。, 実写映画ではこの電流鉄骨渡りのみであるが、途中で大雨に見舞われる、ガラス製の橋がなく、気圧変化による突風を受けることを覚悟で扉を開けないといけないなど、原作よりも過酷になっている[3]。また、後述の「地下強制労働施設」から抜ける唯一の方法とされており、囚人が自ら志願して参加することも可能である。, 『トネガワ』では、原作での『鉄骨渡り』全体を基本的に『人間競馬』と呼称している。

カイジ 人生逆転ゲーム キャスト

トミカ50周年 セット 自衛隊, Wbc ドミニカ代表 スタメン, 芸能人 私立大学 なぜ, ミセン シーズン2 あらすじ, ソカド チョコ 味, ゴンドラの唄 歌詞 解説, ミニ四駆 Maシャーシ 軽量化,