写真のように矢印の先の方向が進行方向(前側)になるように取り付けます。, アクスルホルダーとホイールの穴の位置を合わせてからアクスルシャフトを挿入します。 アクスルシャフトは以下のような方法で締めてください。 平行度を出すアクスルシャフトの締め方 フロントをジャッキアップした状態でアクスルシャフトを緩め、フロント フォークのトップキャップを外してから、ジャッキを下げて底付き状態にして オフロードライディングにおいて重要度は高いものの、「サスペンション」「セッティング」といったワードにハードルの高さを感じるのでは? そこで今回はサスペンションセッティングの初歩を手ほどき。前号のポジションと合わせて、より乗りやすい愛車に仕上げていこう。 フロントアクスルに対し、しっかりとトルクがかかるようにしてください。 アクスル割り締めボルトのトルク不足や、アクスルホルダー割り部ゴミ噛みによるアクスルに対してのトルク不足はフロント廻りの安心感、接地感などを大きく減少させます。 トルクレンチが無い場合は緩める前にマーキングした位置を頼りに締めます。, もしトルクレンチも無くマーキングもしていない場合は、 ナットにマーキングをして締め付けトルクを合わせる場合は、切り欠き部とサスペンションにマーキングをしておきましょう。, ボルトを締め付ける力具合を「締め付けトルク」と言います。 CRF250Rallyが走行距離 6,600Kmでタイヤの残りの溝が少なくなりました。サイドの方はまだまだ使えそうですが、センター部分がもうありません。ロードのみで使用するのならば、もう1000km? フロントフォーク: ステアリングヘッド: クランプの締め方 ネジの締め方: ベアリングのお話: ウインカーのスイッチ: アクスルシャフトの締め方: スイングアームのオーバーホール サスセッティングのお話: 小 … ":"&")+"url="+encodeURIComponent(b)),f.setRequestHeader("Content-Type","application/x-www-form-urlencoded"),f.send(a))}}}function B(){var b={},c;c=document.getElementsByTagName("IMG");if(!c.length)return{};var a=c[0];if(! もう一度、元にあったように組み直しましょう。, ホイールを脱着する上で大事なことはボルトを締めすぎないことです。 オーリンズサスペンションの場合は必ず19N・mで締めます。 バイクのハンドルをカットしたもので、アクスルシャフトを叩き抜くのに使用します。 !b.a.length)for(a+="&ci="+encodeURIComponent(b.a[0]),d=1;d=a.length+e.length&&(a+=e)}b.i&&(e="&rd="+encodeURIComponent(JSON.stringify(B())),131072>=a.length+e.length&&(a+=e),c=!0);C=a;if(c){d=b.h;b=b.j;var f;if(window.XMLHttpRequest)f=new XMLHttpRequest;else if(window.ActiveXObject)try{f=new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP")}catch(r){try{f=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP")}catch(D){}}f&&(f.open("POST",d+(-1==d.indexOf("?")?"? 全てのバイク乗りにお役立ちの情報を公開します。, この時アクスルホルダーのボルトは締め付けず、アクスルシャフトはフリーで回る状態です。, アクスルナットをシャフトがフリーの状態で供回りさせることで、シャフトのセンター出しをする為です。. ボルトの直径が8mmなら20N・m。直径6mmなら10N・mです。 タイヤを貫通して支えている長いボルトを「アクスルシャフト」、そのナットを「アクスルナット」と呼びます。, アクスルシャフトの入る穴を締め付ける形で二本のボルトが貫通しています。 元・バイクの整備士→現・自動車の開発に携わっています。 冬場は西風の日が多く、職場が自宅よりも西にあるので最近は夏場よりも通勤に時間がかかって仕方がありません。タカシです。さて、少し間が開きまして久しぶりの「自分でできるシリーズ」本年一発目 … トルクレンチが無い場合は長めのL字レンチで力一杯締めます。, キャリパーが入りにくい場合はタイヤレバーをブレーキパッドの隙間に入れて優しくこじります。 ?くらいは走行しようかなと思うが、オフロードの濡れた路面では、完璧にアウトですね。 ①→②→③の順番で締めましょう。 棒を叩くのに使用します。 (e in b.c))if(0>=c.offsetWidth&&0>=c.offsetHeight)a=!1;else{d=c.getBoundingClientRect();var f=document.body;a=d.top+("pageYOffset"in window?window.pageYOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollTop);d=d.left+("pageXOffset"in window?window.pageXOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollLeft);f=a.toString()+","+d;b.b.hasOwnProperty(f)?a=!1:(b.b[f]=!0,a=a<=b.g.height&&d<=b.g.width)}a&&(b.a.push(e),b.c[e]=!0)}y.prototype.checkImageForCriticality=function(b){b.getBoundingClientRect&&z(this,b)};u("pagespeed.CriticalImages.checkImageForCriticality",function(b){x.checkImageForCriticality(b)});u("pagespeed.CriticalImages.checkCriticalImages",function(){A(x)});function A(b){b.b={};for(var c=["IMG","INPUT"],a=[],d=0;d=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','http://cyclehack.jp/88/','8Xxa2XQLv9',true,false,'nqm4zjr-MOo'); これがホイールを横から貫通して車体を支えています。 レンチを短めに持って強めに締めればOKです。 Motoメカニックのブログ 4回以上締めるとオーバートルクになるので、 殆どのバイクに共通の構造です。, アクスルシャフト 向きがありますので気を付けましょう。 アクスルホルダーの締め過ぎには要注意です。, アクスルシャフトの太い側の先端には切り欠きが有ります。 ホイールとフレームを固定する方法のひとつ「スルーアクスル」。クイックリリースは知っているけど、スルーアクスルを知らない方も少なくないのではないでしょうか。今回はスルーアクスルの特徴や取り外し方法など、まとめましたのでご紹介します。 やはり鉄以外の材質のハンマーが良いです。, ④スピナーハンドルと28mmソケット アクスルナットを反時計回りに回して緩め、外します。 締め付けトルクは63N•mなので、それほど固く締まっていません。 とはいえ、車体がバランスを崩して倒れてはいけないのでサイドスタンド状態のまま緩めます。 ただし、使用するソケットのサイズが28mmと30mmに分かれており、アクスルシャフトの太さも異なります。, 既に規定トルクで締め付けてある場合は、あらかじめボルトにマーカーペンでマーキングしておきます。 ⑦6mmヘキサゴンレンチ ドゥカティの場合、アクスルシャフトナット(フロントホイールナット)の締め付けトルクは全ての車種で共通です。 ウイニングランのステアリングステムキット(三つ又、トリプルトゥリー)はncによる削り出しのワンオフパーツです。レーサーやhrcタイプのワークス系からカスタム系まで幅広く対応。サイズ指定のオーダーメードだからボルトオン可能。 私はコーナンPROで購入しましたが、工具専門店か通販で探すと良いでしょう。, ⑤12mmメガネレンチ オフ車用スタンドのメーカー、 アストロプロダクツのツールボックスセット~♪ 2日間寝かしましたw これでやっとまともな整備ができます。 早速開梱。 …。 む~。 PPバンド切ったりしてると、 ↓会社で仕事してるみたいでなんかヤダなぁ…。 入りにくい場合はタイヤを持ち上げたり、鉄以外のハンマーで叩いて入れます。, レンチでナットを時計回りに回します。 そのときキャリパーを手で触ってみて火傷しそうなくらい熱ければブレーキに異常があります。, 足回りの脱着を伴う整備は危険と隣り合わせです。 右フロントフォーク→ベアリンススペーサ(0.141")→ホイール→ベアリングスペーサ(0.515")→左フロントフォーク→平ワッシャ→スプリングワッシャ→アクスルナット の順に通して、アクスルシャフトの回り止めの穴に棒をつっこんでナットを締め上げる。 ホンダグロムに乗っております。26000kmを過ぎチェーンと前後のスプロケットの交換をしました。チェーンの張りがいい所でシャフトを締めて行くと、タイヤを手で回したさい抵抗なく回るのですが、増し締めしていくとタイヤを手で回した 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。, Thule(スーリー) スルーライド 565 THRURIDE TH565 スルーアクスル車に最適 TH565. ("naturalWidth"in a&&"naturalHeight"in a))return{};for(var d=0;a=c[d];++d){var e=a.getAttribute("data-pagespeed-url-hash");e&&(! この時アクスルホルダーのボルトは締め付けず、アクスルシャフトはフリーで回る状態です。 ちなみにフロントアクスルとピボット間の距離は・・・ ... オフ車かって言う位よく動くサスを使い倒すのが楽しい。 ... ちょっと締めすぎかな~と思いましたが、フロントをジャッキで上げてしつこくハンド … 右側と左側で違うサイズ(長さ)のものが装着されているので、外した時の位置と同じように戻します。, フロントホイールは一見、左右対称の形をしており、どちらの向きでも装着できてしまいます。 [CDATA[ //]]>, CYCLE HACK > パーツ・アクセサリー > スルーアクスルの疑問を解決。特徴やクイックリリースとの違いとは, ホイールとフレームを固定する方法のひとつ「スルーアクスル」。クイックリリースは知っているけど、スルーアクスルを知らない方も少なくないのではないでしょうか。今回はスルーアクスルの特徴や取り外し方法など、まとめましたのでご紹介します。, スルーアクスルとは、クイックリリースと同様にホイールをフォーク・フレームに固定するパーツです。主にディスクブレーキのついたスポーツバイクに使われる事が多く、ディスクブレーキの普及に伴ってスルーアクスルが使われる自転車も増えてきました。, それでは、スルーアクスルの特徴を見てきましょう。ロードバイクやクロスバイクで多く使われている「クイックリリース」との比較を交えながら、ご紹介します。, クイックリリースの軸の太さはほとんどが9mm。一方、スルーアクスルは12mm・15mmがメインで、9mmや20mmがあるなど、クイックリリースより太い事が多く、複数のサイズ規格が存在します。, また、スルーアクスルはディスクブレーキ搭載車に多いのも特徴の1つ。ディスクブレーキはホイールの中心付近にブレーキの力がかかりフォークにも大きな力が加わる為、その力に耐えるスルーアクスルの採用が増えています。, U字型のフォークに留めるクイックリリースは、ディスクブレーキの強い力でずれてしまうことがあります。スルーアクスルは円形で、穴の中にシャフトを通しホイールを固定するので、ブレーキングの強い力がかかってもずれることはありません。, クイックリリースでは、フォークエンドのU字部にホイールをセットしますが、ホイールが斜めの状態で固定される可能性があります。一方、スルーアクスルはフォークエンド部の穴とホイール中心部の穴にシャフトを通すので、毎回同じ位置にセットができます。. ⑥8mmヘキサゴンレンチ 画像はL字レンチですが、メガネレンチの場合は短めの物を使用して下さい。, 片方のボルトを締めたら隣のボルトが緩みます。 中身は中空構造で軽く作られています。, アクスルホルダーのボルトを締めすぎるとアクスルシャフトが潰れてしまい、抜くことができなくなってしまいます。 ");b!=Array.prototype&&b!=Object.prototype&&(b[c]=a.value)},h="undefined"!=typeof window&&window===this?this:"undefined"!=typeof global&&null!=global?global:this,k=["String","prototype","repeat"],l=0;lb||1342177279>>=1)c+=c;return a};q!=p&&null!=q&&g(h,n,{configurable:!0,writable:!0,value:q});var t=this;function u(b,c){var a=b.split(". 勢いよく、軽く回るようでしたらOKです。 //