第15回(2020年) アーモンドアイ, 【VM】アパパネ新女王 ブエナねじ伏せた/主要ニュース速報/デイリースポーツonline, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アパパネ&oldid=80557997, GI競走を5勝しているが、GII・GIII競走は未勝利である。GII・GIII未勝利のGI馬は2歳・3歳限定GI優勝馬を中心に多数存在するが、本馬はその中で最多のGI優勝数である。. アパパネとサンテミリオンが同時入線。12分の写真判定の結果、同着により2頭の優勝 馬が誕生した。 サンテミリオンの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 しかし、アパパネもサンテミリオンも、一歩も譲らず。 鼻面を全く揃えてのゴールインとなりました。 長い長い写真判定の末、電光掲示板に灯った「同着」の文字は、雨の中でもくっきりと光り輝いて見え … 第13回(2018年) ジュールポレール サンテミリオンの横山典弘騎手(42)が、満面の笑みで両手を挙げ、アパパネの蛯名正義騎手(41)に抱きつく。長く競馬界を引っ張ってきた40代の名手2人が握手を交わし、互いの健闘を称え合った。 17番アパパネと18番サンテミリオン。 アパパネ (Apapane) は日本の競走馬である。 おもな勝ち鞍は2009年の阪神ジュベナイルフィリーズ、2010年の桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、2011年のヴィクトリアマイル。 馬名はハワイに生息するアカハワイミツスイ(Apapane)の英語名から アパパネの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 トテラパチットとは、「tote(英:合計する)+tera(10の12乗)+パチッと=小さなきらめきを沢山集めて輝く」という意味の造語です。イラストや写真で日常に小さなきらめきをお届けします。 アパパネは美浦・国枝栄厩舎の3歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ソルティビッド(母の父Salt Lake)。通算成績は7戦5勝となった。 サンテミリオンは美浦・古賀慎明厩舎の3歳牝馬で、父ゼンノロブロイ、母モテック(母の父Last Tycoon)。 長い写真判定の末、内のサンテミリオン、外のアパパネが同着でのゴール。JRAのG1では史上初となる1着同着となった。アパパネは見事クラシック2冠を達成。今回もスタート直後は掛かったが、外枠ながらすぐに折り合った。 1着、アパパネ、サンテミリオン。 稍重の東京競馬場。一体誰がこんな結末を予想できたか? 大外枠の2頭、アパパネとサンテミリオンは中段後方からのレース。 4コーナーを回ってからこの2頭は大外を回ってから一気に 長い府中の直線でスパート。 アパパネ (Apapane) は日本の競走馬である。おもな勝ち鞍は2009年の阪神ジュベナイルフィリーズ、2010年の桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、2011年のヴィクトリアマイル。馬名はハワイに生息するアカハワイミツスイ(Apapane)の英語名から[3]。, 福島競馬場の芝1800mの新馬戦に蛯名正義とのコンビでデビューした。3番人気に支持されたものの3着に敗れた。続く未勝利戦では道中3番手から進み、最後の400m過ぎで内から抜け出して2馬身の差をつけて初勝利をあげる。その後は赤松賞に出走することになる。同レースでは大外16番からスタートすると道中は8番手に位置し、4コーナーでは外にモタれたものの直線で差し切ってブルーミングアレーに2馬身半差をつけて2勝目をあげた[4]。勝ち時計の1分34秒5は従来の2歳コースレコードを1秒縮めるものとなった[4]。, 赤松賞勝利後、陣営は母親のソルティビッドと同じく11月26日から栗東トレーニングセンターで調整を行い阪神ジュベナイルフィリーズを目指した[5][6][7]。阪神ジュベナイルフィリーズは赤松賞に続き再び大外となる18番となったことに陣営は苦笑を浮かべた[8]。レースではゲート入りに時間がかかったものの道中中団よりやや後ろから前を窺い、4コーナー直前から先頭グループに迫る[9]。直線は内に大きく開いた進路から最後の200m手前で先頭に立つとそのまま後続の追撃を振り切って勝利し、母が2002年に同じく蛯名の騎乗で17着に敗れた同レースでJpnI初勝利となった[9]。キングカメハメハ産駒のJpnI勝利は初[3]。また関東馬の同レース勝利も2004年のショウナンパントル以来となった[3]。福島デビュー馬の同レース勝利も史上初めてである[10]。, 2010年はチューリップ賞から始動。陣営は前走同様にチューリップ賞前に栗東入りした。レースでは前半折り合いに苦労する面を見せながら立て直したものの、最後の直線でショウリュウムーンにかわされて2着に敗れた。チューリップ賞後もそのまま栗東に残って調整した。そして本番の4月11日の桜花賞ではスタートから先行する形でレースを進め最後の直線でスパートをかけるとゴール前で逃げるオウケンサクラを差して優勝を飾り、鞍上の蛯名と調教師の国枝栄に初の桜花賞のタイトルをもたらした。勝ち時計1分33秒3は2005年のラインクラフトが持っていた1分33秒5を0秒2更新する桜花賞レコードとなった。また美浦所属の騎手が桜花賞を制したのは1985年のエルプスで制覇した木藤隆行以来25年ぶり。福島デビュー馬が、桜花賞を制したのは1974年のタカエノカオリ以来36年ぶり4頭目となった[11]。, 桜花賞後は美浦に戻り優駿牝馬(オークス)へ向けての調整が行われた。そして迎えたオークスでは大外8枠17番、レース前に血統面での適性による距離不安などが囁かれながらも1番人気に支持されての出走となった。レースはニーマルオトメがレースを引っ張る形でアパパネは中団のサンテミリオンのすぐ後ろで折り合いをつける形で追走し、最後の直線で先に飛び出したサンテミリオンに後方から迫ると2頭が並走する形になり1番手で粘っていたアグネスワルツに2馬身差をつけそのまま並んでゴール板を駆け抜けた。約15分間にも及ぶ長い写真判定の末、JRA・GIおよび八大競走では史上初となる1着同着という結果となった。鞍上の蛯名とサンテミリオン騎乗の横山典弘は奇しくも1992年の帝王賞でのラシアンゴールド(蛯名騎乗)、ナリタハヤブサ(横山騎乗)でも1着同着となっていたことでも話題となった。なお、この勝利によってアパパネは2009年のブエナビスタに続く2年連続での牝馬クラシック2冠を、また馬主の金子真人は中央レースでの五大クラシック競走の完全制覇を達成した。また関東馬による牝馬クラシック2冠達成は1986年のメジロラモーヌ以来、24年ぶりであった。, 夏は美浦で調整し、秋緒戦は9月19日のローズステークスから始動。レース直前の馬体重は実にプラス24キロを計測、レース中は折り合いも欠くなど本来の状態ではなくそれでもゴール前では一旦先頭に立つがやはりあとひと伸びがなくアニメイトバイオの4着に敗れた。10月17日の秋華賞は前走より体重をマイナス4キロと絞った。レースでは最後の直線で伸びると追いかけるアニメイトバイオ、アプリコットフィズを抑えて1着となりスティルインラブ以来、7年ぶり史上3頭目の牝馬三冠馬となった。父内国産馬の牝馬三冠馬は初で、牡馬を含めてもミスターシービー(父・トウショウボーイ)以来史上2頭目である。2歳(旧3歳)時のGI(JpnI)も合わせて制覇している三冠馬は牡馬を含めても本馬の他には1994年のナリタブライアンのみである。続いて出走した11月14日のエリザベス女王杯では、好スタートから道中6番手前後を追走し4コーナーから直線で外に持ち出して追いあげるもスノーフェアリーの3着に敗れた。, 中山記念でヴィクトワールピサと対戦する予定だったが、熱発のため回避。マイラーズカップを目指すこととなった。そのマイラーズカップでは中団追走から直線で外から脚を伸ばしたがシルポートの4着。叩き2戦目となったヴィクトリアマイルはブエナビスタとの対決に注目が集まった。レースはオウケンサクラがハナを切って逃げる展開となり後方待機策から最後の直線では先行したレディアルバローザを捉えて先頭に立つと、外から追走して来たブエナビスタをクビの差で抑えて1着となりGI5勝目を挙げた。安田記念では中団のインからレースを進めたが直線で伸びを欠き6着に敗れ、初めて掲示板を外した。秋緒戦の府中牝馬ステークスでは中団に位置するも直線ではまったく伸びず14着と惨敗し初めて2桁着順に沈んだ。牝馬GI完全制覇がかかったエリザベス女王杯では好位の4番手で脚を溜め直線で外から襲い掛かるが、後方から脚を伸ばしたスノーフェアリーにかわされ3着となった。その後は香港へ遠征し、12月の香港マイルに出走。好位5番手追走でレースを進めたが、直線で失速し13着に敗れた。, 2012年は阪神牝馬ステークスから始動、これまで主戦を務めていた蛯名が落馬負傷したため、岩田康誠に乗り替わることとなった。レースでは後方10・11番手からレースを進めたが直線で伸びを欠き7着に敗れた。連覇がかかったヴィクトリアマイルでは中団追走も直線で伸びずホエールキャプチャの5着に敗れた。安田記念では中団に位置するも直線ではまったく伸びず16着と惨敗した。, 秋競馬を目指していた9月13日、屈腱炎を発症しており、競走馬登録を抹消、繁殖牝馬となることが発表された[12]。, 第2回 ミネハル / 第3回 テツノハナ / 第4回 ワカクサ / 第5回 ヤシマアポロ / 第6回 ライデンオー / 第7回 トサモアー / 第8回*1 ミスオンワード / 第9回 メイジミドリ / 第10回 インターナシヨナル / 第11回 コダマ, 第12回 リユウライト / 第13回 チトセハーバー / 第14回 コウタロー / 第15回 プリマドンナ / 第16回 エイトクラウン / 第17回 ニホンピローエース / 第18回 タイギヨウ / 第19回 マーチス / 第20回 リキエイカン / 第21回 タニノムーティエ, 第22回 ロングワン / 第23回 ヒデハヤテ / 第24回 キシュウローレル / 第25回 キタノカチドキ / 第26回 ライジン / 第27回 テンポイント / 第28回 リュウキコウ / 第29回 バンブトンコート / 第30回 タマモアサヒ / 第31回 ラフオンテース, 第32回 サニーシプレー / 第33回 リードエーティ / 第34回 ダイゼンキング / 第35回 ロングハヤブサ / 第36回 ダイゴトツゲキ / 第37回 カツラギハイデン / 第38回 ゴールドシチー / 第39回 サッカーボーイ / 第40回 ラッキーゲラン / 第41回 コガネタイフウ, 第43回 ニシノフラワー / 第44回 スエヒロジョウオー / 第45回 ヒシアマゾン / 第46回 ヤマニンパラダイス / 第47回 ビワハイジ / 第48回 メジロドーベル / 第49回 アインブライド / 第50回 スティンガー / 第51回 ヤマカツスズラン, 第53回 タムロチェリー / 第54回 ピースオブワールド / 第55回 ヤマニンシュクル / 第56回 ショウナンパントル / 第57回 テイエムプリキュア / 第58回 ウオッカ / 第59回 トールポピー / 第60回 ブエナビスタ / 第61回 アパパネ, 第62回 レーヴディソール / 第63回 ジョワドヴィーヴル / 第64回 ローブティサージュ / 第65回 レッドリヴェール / 第66回 ショウナンアデラ / 第67回 メジャーエンブレム / 第68回 ソウルスターリング / 第69回 ラッキーライラック / 第70回 ダノンファンタジー / 第71回 レシステンシア, 第2回 タイレイ / 第3回 ブランドソール / 第4回 バンナーゴール / 第5回 ミスセフト / 第6回 ヤマイワイ / 第7回 ブラウニー / 第8回 ハマカゼ / 第9回 ヤシマドオター, 第10回 トサミツル / 第11回 ツキカワ / 第12回 スウヰイスー / 第13回 カンセイ / 第14回 ヤマイチ / 第15回 ヤシマベル / 第16回 ミスリラ / 第17回 ミスオンワード / 第18回 ホウシユウクイン / 第19回 キヨタケ, 第20回 トキノキロク / 第21回 スギヒメ / 第22回 ケンホウ / 第23回 ミスマサコ / 第24回 カネケヤキ / 第25回 ハツユキ / 第26回 ワカクモ / 第27回 シーエース / 第28回 コウユウ / 第29回 ヒデコトブキ, 第30回 タマミ / 第31回 ナスノカオリ / 第32回 アチーブスター / 第33回 ニットウチドリ / 第34回 タカエノカオリ / 第35回 テスコガビー / 第36回 テイタニヤ / 第37回 インターグロリア / 第38回 オヤマテスコ / 第39回 ホースメンテスコ, 第40回 ハギノトップレディ / 第41回 ブロケード / 第42回 リーゼングロス / 第43回 シャダイソフィア / 第44回 ダイアナソロン / 第45回 エルプス / 第46回 メジロラモーヌ / 第47回 マックスビューティ / 第48回 アラホウトク / 第49回 シャダイカグラ, 第50回 アグネスフローラ / 第51回 シスタートウショウ / 第52回 ニシノフラワー / 第53回 ベガ / 第54回 オグリローマン / 第55回 ワンダーパヒューム / 第56回 ファイトガリバー / 第57回 キョウエイマーチ / 第58回 ファレノプシス / 第59回 プリモディーネ, 第60回 チアズグレイス / 第61回 テイエムオーシャン / 第62回 アローキャリー / 第63回 スティルインラブ / 第64回 ダンスインザムード / 第65回 ラインクラフト / 第66回 キストゥヘヴン / 第67回 ダイワスカーレット / 第68回 レジネッタ / 第69回 ブエナビスタ, 第70回 アパパネ / 第71回 マルセリーナ / 第72回 ジェンティルドンナ / 第73回 アユサン / 第74回 ハープスター / 第75回 レッツゴードンキ / 第76回 ジュエラー / 第77回 レーヌミノル / 第78回アーモンドアイ / 第79回グランアレグリア, 第3回 ルーネラ / 第4回 テツバンザイ / 第5回 ロツクステーツ / 第6回 クリフジ / 第7回 ミツマサ / 第8回 トキツカゼ / 第9回 ヤシマヒメ / 第10回 キングナイト, 第11回 コマミノル / 第12回 キヨフジ / 第13回 スウヰイスー / 第14回 ジツホマレ / 第15回 ヤマイチ / 第16回 ヒロイチ / 第17回 フエアマンナ / 第18回 ミスオンワード / 第19回 ミスマルサ / 第20回 オーカン, 第21回 スターロツチ / 第22回 チトセホープ / 第23回 オーハヤブサ / 第24回 アイテイオー / 第25回 カネケヤキ / 第26回 ベロナ / 第27回 ヒロヨシ / 第28回 ヤマピット / 第29回 ルピナス / 第30回 シャダイターキン, 第31回 ジュピック / 第32回 カネヒムロ / 第33回 タケフブキ / 第34回 ナスノチグサ / 第35回 トウコウエルザ / 第36回 テスコガビー / 第37回 テイタニヤ / 第38回 リニアクイン / 第39回 ファイブホープ / 第40回 アグネスレディー, 第41回 ケイキロク / 第42回 テンモン / 第43回 シャダイアイバー / 第44回 ダイナカール / 第45回 トウカイローマン / 第46回 ノアノハコブネ / 第47回 メジロラモーヌ / 第48回 マックスビューティ / 第49回 コスモドリーム / 第50回 ライトカラー, 第51回 エイシンサニー / 第52回 イソノルーブル / 第53回 アドラーブル / 第54回 ベガ / 第55回 チョウカイキャロル / 第56回 ダンスパートナー / 第57回 エアグルーヴ / 第58回 メジロドーベル / 第59回 エリモエクセル / 第60回 ウメノファイバー, 第61回 シルクプリマドンナ / 第62回 レディパステル / 第63回 スマイルトゥモロー / 第64回 スティルインラブ / 第65回 ダイワエルシエーロ / 第66回 シーザリオ / 第67回 カワカミプリンセス / 第68回 ローブデコルテ / 第69回 トールポピー / 第70回 ブエナビスタ, 第71回 アパパネ・サンテミリオン(同着) / 第72回 エリンコート / 第73回 ジェンティルドンナ / 第74回 メイショウマンボ / 第75回 ヌーヴォレコルト / 第76回 ミッキークイーン / 第77回 シンハライト / 第78回 ソウルスターリング / 第79回 アーモンドアイ / 第80回 ラヴズオンリーユー, 第1回 ファビラスラフイン / 第2回 メジロドーベル / 第3回 ファレノプシス / 第4回 ブゼンキャンドル, 第5回 ティコティコタック / 第6回 テイエムオーシャン / 第7回 ファインモーション / 第8回 スティルインラブ / 第9回 スイープトウショウ / 第10回 エアメサイア / 第11回 カワカミプリンセス / 第12回 ダイワスカーレット / 第13回 ブラックエンブレム / 第14回 レッドディザイア, 第15回 アパパネ / 第16回 アヴェンチュラ / 第17回 ジェンティルドンナ / 第18回 メイショウマンボ / 第19回 ショウナンパンドラ / 第20回 ミッキークイーン / 第21回 ヴィブロス / 第22回 ディアドラ / 第23回 アーモンドアイ / 第24回 クロノジェネシス, 国際G1昇格前: 23日、東京競馬場で行われた第71回オークス(3歳牝、G1・芝2400m)は、蛯名正義騎手騎乗の1番人気アパパネ(牝3、美浦・国枝栄厩舎)が後方追走から直線で外に持ち出すと、同じく外から脚を伸ばした5番人気サンテミリオンと壮絶な叩き合いを展開し並んで入線。 1984-2019 日本ダービー 第1位 2007年 ウオッカ 「最高にカッコいい」ダービー 1着、アパパネ、サンテミリオン。 稍重の東京競馬場。一体誰がこんな結末を予想できたか? 大外枠の2頭、アパパネとサンテミリオンは中段後方からのレース。 4コーナーを回ってからこの2頭は大外を回ってから一気に 長い府中の直線でスパート。 サンテミリオンは、アパパネと同着でオークスを制しており、実力的には3歳世代のトップクラスである。 サンテミリオンにとっての課題は、休み明けのぶっつけ本番でレースに臨むことだが、これは当初から予定されていたもので、調整の狂いではなく、大きな問題ではない。 第02回(2007年) コイウタ しかし、アパパネもサンテミリオンも、一歩も譲らず。 鼻面を全く揃えてのゴールインとなりました。 長い長い写真判定の末、電光掲示板に灯った「同着」の文字は、雨の中でもくっきりと光り輝いて見え … 長い写真判定の末、内のサンテミリオン、外のアパパネが同着でのゴール。JRAのG1では史上初となる1着同着となった。アパパネは見事クラシック2冠を達成。今回もスタート直後は掛かったが、外枠ながらすぐに折り合った。 1984-2019 日本ダービー 第1位 2007年 ウオッカ 「最高にカッコいい」ダービー 第2位 2011年 アパパネ 第3位 2010年 ブエナビスタ. 横山典弘騎手騎乗のサンテミリオン(牝3歳)が直線でマッチレース。 写真判定の結果、JRA・GI史上初の同着優勝となり、桜花賞馬アパパネは2冠達成、 サンテミリオンはGI初制覇となった。 アパパネ この日のレースは非常に稀なレース結果となりました。蛯名正義騎乗のアパパネと横山典弘騎乗のサンテミリオンがほぼ同時に1着入線を果たし、約10分間の協議の末、まさかの同着優勝となりまし … アパパネとサンテミリオンのあれって普通にサンテミリオンが前だったよな G1の1着同着という可能な限り回避すべきであろう前例のない事態の割にはやたら早く決まったし、 アパパネは美浦・国枝栄厩舎の3歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ソルティビッド(母の父Salt Lake)。通算成績は7戦5勝となった。 サンテミリオンは美浦・古賀慎明厩舎の3歳牝馬で、父ゼンノロブロイ、母モテック(母の父Last Tycoon)。 第09回(2014年) ヴィルシーナ アパパネ&サンテミリオン同着V [ 2010年5月24日 06:00 ] <優駿牝馬>同着で1着になったアパパネ(手前)とサンテミリオン 【国枝厩舎提供:オークスTシャツ&アパパネストラップのセット】 史上初のGIでの同着となった、【アパパネ】と【サンテミリオン】がプリントされたTシャツと、アパパネストラップのセットです! こちらは2セット提供していただきました。 蛯名正義騎手騎乗で1番人気のアパパネ(牝3歳)と. 写真; 調教; レース後短評; みんなの評価; 次走・近況; 産駒一覧. 年度 馬名 性別 父名; 2019: サンテミリオンの2019: 第06回(2011年) アパパネ アパパネのオークスって言ってる時点で勝ち馬はアパパネと認めてるようなものだろカスと 言おうと思ったけどだからって「サンテミリオンのオークスは完全にサンテミリオンだろ」という スレタイでは日本語でおKの嵐になるから致し方ないなと思った アパパネとサンテミリオンのあれって普通にサンテミリオンが前だったよな G1の1着同着という可能な限り回避すべきであろう前例のない事態の割にはやたら早く決まったし、 第01回(2006年) ダンスインザムード 白黒のスリット写真から、カラーのスリット写真に変わるキッカケになったという噂もある。 2010年 優勝馬/アパパネ・サンテミリオン. アパパネ、サンテミリオンは中団を追走。 1000m通過は1:00.6というハイペースで流れたが、中盤でペースダウン。 直線に入ると、逃げたアグネスワルツが抜け出しリードを広げたが、外から、アパパネ、サンテミリオンが勢いよく追い上げ、最後は2頭のデッドヒートに。 国際G1昇格後: 第07回(2012年) ホエールキャプチャ 雨の府中で世紀の名勝負が演じられた。G1史上初となる1着同着の判定が下された。 2頭の樫の女王が誕生。蛯名正義騎手(41)のアパパネ(国枝)は桜花賞に続く2冠、サンテミリオン(古賀慎)の横山典弘(42)は2週連続のG1制覇を達成した。 検量室前に引き揚げてきた蛯名アパパネが2着の枠場に入った。 1984-2019 オークス 第1位 1991年 イソノルーブル 裸足のシンデレラ復権 第2位 1996年 エアグルーヴ 第3位 2010年 アパパネ サンテミリオン. ホンットに写真が暗くて申し訳ないっ! しかも、 撮れた馬も数頭。(苦笑) (´人`)スマンノゥ。 アパちゃん。 マイナス10キロ発表には、ビックリした~ アレ子。 アタシのPOG牝馬の出世頭です。 18頭に入っただけでも感動ww ボンちゃん。 第08回(2013年) ヴィルシーナ 15分近い写真判定の結果、アパパネと1着同着となった(jra主催giでは史上初)。この結果、鞍上の横山典弘に初の優駿牝馬優勝を、調教師の古賀慎明には初のgi制覇をもたらした。そしてゼンノロブロイ産駒にとっても初のgi優勝となった。 第10回(2015年) ストレイトガール アパパネ騎乗の蛯名正義騎手とサンテミリオン騎乗の横山典弘騎手の追い比べ。 双方、全く譲らない。 皆が、固唾を飲んで見守り、そしてG1でもなかなか観ることの出来ないこの死闘に、酔いしれた。 今年の樫の女王はアパパネとサンテミリオン! (TORACCHO'S ROOM E-Package) 今年のオークスは去年以上に凄いレースとなりましたが、直線での壮絶な叩き合いと長い写真判定の末、アパパネとサンテミリオンが同着で2頭が樫の女王に輝きました。 第11回(2016年) ストレイトガール, 第12回(2017年) アドマイヤリード アパパネの勝利なら牝馬クラシック二冠達成、阪神ジュベナイルフィリーズと合わせてGI・JpnI 3勝目となる。 サンテミリオンが1着なら、桜花賞組を逆転してのGI 初制覇、鞍上・横山騎手はヴィクトリアマイルに続く2週連続のGI 勝利となる。 競馬史に新たな名勝負が刻まれた。23日に東京競馬場で行われた牝馬クラシック第2弾「第71回オークス」は、1番人気アパパネと5番人気サンテミリオンが直線で一騎打ち。互いに譲らず、中央競馬G1では史上初の1着同着となった。アパパネは桜花賞と合わせ、史上12頭目の牝馬クラシック2冠を達成。 アパパネは美浦・国枝栄厩舎の3歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ソルティビッド(母の父Salt Lake)。通算成績は7戦5勝となった。 サンテミリオンは美浦・古賀慎明厩舎の3歳牝馬で、父ゼンノロブロイ、母モテック(母の父Last Tycoon)。 一番最初にゲート入りするアパパネは、入るのに時間がかかった。 レースに影響しなければいいがと、見守るスタンドに緊張が走った。 最後にサンテミリオンのゲート入りが終わり、態勢完了。 第14回(2019年) ノームコア 今年の樫の女王はアパパネとサンテミリオン! (TORACCHO'S ROOM E-Package) 今年のオークスは去年以上に凄いレースとなりましたが、直線での壮絶な叩き合いと長い写真判定の末、アパパネとサンテミリオンが同着で2頭が樫の女王に輝きました。 アパパネは3つ目のG1タイトルを目指して17番ゲートから、サンテミリオンは初の戴冠を狙って大外18番ゲートから飛び出す。 ニーマルオトメとアグネスワルツが後続を離して飛ばし、サンテミリオンは中団の外、その背後にアパパネという展開で進む。 アパパネの勝利なら牝馬クラシック二冠達成、阪神ジュベナイルフィリーズと合わせてGI・JpnI 3勝目となる。 サンテミリオンが1着なら、桜花賞組を逆転してのGI 初制覇、鞍上・横山騎手はヴィクトリアマイルに続く2週連続のGI 勝利となる。 第04回(2009年) ウオッカ, 第05回(2010年) ブエナビスタ 第03回(2008年) エイジアンウインズ オークスはアパパネとサンテミリオンの1着同着の決着(撮影・酒井清司) <オークス> 23日=東京 G1 芝2400メートル 3歳牝 出走18頭 雨の府中で世紀の名勝負が演じられた。G1史上初となる1着同着の判定が下された。 2頭の樫の女王が誕生。蛯名正義騎手(41)のアパパネ(国枝)は桜花賞に続く2冠、サンテミリオン(古賀慎)の横山典弘(42)は2週連続のG1制覇を達成した。 検量室前に引き揚げてきた蛯名アパパネが2着の枠場に入った。 アパパネが優勝なら、メジロラモーヌ(86年)、スティルインラブ(03年)に続く史上3頭目の牝馬3冠を達成する。サンテミリオンが勝てば2冠を獲得。それとも新女王の誕生か。 過去10年、1〜3番人気は4 … 競馬史に新たな名勝負が刻まれた。23日に東京競馬場で行われた牝馬クラシック第2弾「第71回オークス」は、1番人気アパパネと5番人気サンテミリオンが直線で一騎打ち。互いに譲らず、中央競馬G1では史上初の1着同着となった。アパパネは桜花賞と合わせ、史上12頭目の牝馬クラシック2冠を達成。 内サンテミリオン、外アパパネ ... そんな光景が英国では写真判定の導入以前に10回、導入後の1986年まででも5回、計15回記録されているという。一方、米国でもやはりそれは存在し、1940年以来17回も3頭同着の記録がある。 同着となったアパパネ(手前)とサンテミリオン(撮影・酒井清司) <オークス> 23日=東京 G1 芝2400メートル 3歳牝 出走18頭 大接戦のオークス──その言葉で、あなたはどのオークスを思い浮かべますか?怒涛の追込みからのハナ差決着。長い写真判定の末の同着。5着までが横一列でのゴールイン……。誰もが勝利を確信する圧勝劇も気持ちが良いものですが、手に汗握る大接戦のゴール前はまた違った熱狂があるかと思います。, オークスという一世一代の大舞台で繰り広げられた、乙女たちの大接戦。ここでは過去のオークスの中から3レースをピックアップしました。, 2歳女王となり、さらに牝馬クラシック第一冠である桜花賞も制したブエナビスタ。迎えたオークスは、もちろん圧倒的1番人気でした。, ワイドサファイアが本馬場入場後に放馬したことで競走除外となり、どことなくざわついた雰囲気の東京競馬場。それでもファンファーレが響き渡れば、もう各馬を応援する他ありません。, ブエナビスタが二冠目の称号を得るのか、それとも──。スタートが切られると、ヴィーヴァヴォドカが逃げ、レースを引っ張ります。, ぽつんと2番手にデリキットピース。3番手以下は一団となって、やや縦長の展開です。スタートのあまり良くなかったブエナビスタ。後ろから2、3番手を進みます。, 桜花賞でブエナビスタの前に2着となっていたレッドディザイアが馬群の間から抜け出します。今度こそ、ブエナビスタに勝てる──しかし、そんなレッドディザイアをめがけ、猛追をみせる馬が1頭。, 女王の座は譲れないとばかりに後ろからやって来たのは、ブエナビスタでした。直線入り口では後方にいたブエナビスタは、驚異的な末脚で前にいた馬たちを抜き去り、そのままの勢いでゴール板を駆け抜けます。, 2歳女王は、桜の勝利を経て、樫の女王へと輝いたのです。ブエナビスタとレッドディザイアとの大接戦は、秋華賞でもみせてくれましたね。結果、ブエナビスタは牝馬三冠達成とはなりませんでしたが、レッドディザイアとのライバル対決は2009年の牝馬クラシックを大いに盛り上げてくれました。, その後もジャパンカップや天皇賞(秋)を勝利するなど、牡馬相手にも活躍をみせたブエナビスタ。間違いなく、名牝の1頭と言えるでしょう。, 雨の降り続く東京競馬場で行われた第71回優駿牝馬は、JRAのGⅠでは史上初となる1着同着──オークス馬が1日で2頭誕生する結末となりました。, 1頭は、阪神ジュベナイルフィリーズ・桜花賞を勝利し、オークス勝利で牝馬クラシック二冠達成となったアパパネ。もう1頭は、サンテミリオン。フローラSからの参戦で、桜花賞組を破ってのGⅠ勝利でした。鞍上の横山典弘騎手はヴィクトリアマイルに続く2週連続GⅠ勝利となりました。, レースはハナを切ったニーマルオトメ、その後ろにアグネスワルツが続き、3番手以降は離れて、ショウリュウムーンを筆頭にひとかたまりに。アパパネとサンテミリオンは中団やや後方からの競馬を選択しました。, 4コーナーを回りながらアグネスワルツが一足先に抜け出ると、それを捕らえる勢いでアパパネとサンテミリオンが2頭並んで追いかけます。そして残り200メートルを過ぎる頃には、アパパネ、サンテミリオンの一騎打ちに。, 意地と意地とのぶつかり合いです。激しい叩き合いは続き、その真剣さは見るものを圧倒しました。, アパパネか。サンテミリオンか。2頭の熱い吐息が見えそうなほどに、誰もが凝視するゴール前。しかし、アパパネもサンテミリオンも、一歩も譲らず。鼻面を全く揃えてのゴールインとなりました。, 長い長い写真判定の末、電光掲示板に灯った「同着」の文字は、雨の中でもくっきりと光り輝いて見えました。その結果に、驚きを隠せなかった競馬ファンも多かったことでしょう。しかし、讃え合う蛯名正義騎手と横山典弘騎手の姿を見て、素直に「よかった」という思いに変わったのではないかと思います。, 喜び合う2人の騎手、力を出し切った2頭の馬。その頭上からは、あたたかな祝福の雨が、降り続きました。, オークスというテーマでなくとも、大接戦について語るのであればこのレースを挙げる人は、昔からの競馬ファンだと多いのではないでしょうか。わたしは当時生まれていなかったので、ずっと後になってからレース映像を確認しましたが、ゴール前は思わず「すごい!」と声を出して見入ってしまいました。, それくらい、印象的な結末でした。1983年、樫の女王の座をかけての一戦は混戦必至の28頭立て。, ダイナカールは2番人気で、1番人気のダスゲニーと共に今はなき単枠指定(特に人気が集中しそうな馬を1枠1頭に指定する制度)でした。レースはビクトリジョオーが勢いよく先頭にち、軽快に逃げてハイペースの競馬に。3コーナーではマチカネオトメが競走中止のアクシデントにも見舞われてしまいます。4コーナーから最後の直線に入ると、まず抜け出したのはメジロハイネ。, しかし、そうはさせまいとダイナカールも続いていきます。残り200メートル付近でメジロハイネとダイナカールが並び、この2頭の叩き合いになる、と思いきや。そこへさらにタイアオバ、レインボーピット、ジョーキジルクムも加わって、5頭がひしめき合います。, どの馬が前へ出るのか、誰もが息を呑んで各馬の鼻先に注目します。しかし誰かが抜け出すことはなく、まるで何者かの手によって線を引かれているのかのように、横一線となったところでゴールイン。, 掲示板に表示された着差はすべて「写真」で、長い写真判定の結果、勝ち馬はダイナカールとなりました。5着までの着差は「ハナ、アタマ、ハナ、アタマ」。5頭が同タイムでのゴールインは、まさに大接戦。, ダイナカールは、そんな大混戦のゴール前をハナ差で制した、ど根性ガールでした。その血は、娘であり、オークス母子制覇を達成したエアグルーヴにも受け継がれていたように思います。, オークスという一生に一度の大舞台でみせる、乙女たちの大接戦。激しいゴール前は、彼女たちの生き様そのもののようにも感じます。, 次は、どんなオークスが待ち受けているのでしょうか。清々しいまでの圧勝劇か、手に汗握る大接戦か。, 競馬のWEBフリーペーパー&ブログ「ウマフリ」のライター陣。様々な観点から競馬愛を語っていきます!ご参加を希望される方はご連絡ください。, [対談]漫画『ウマ娘 シンデレラグレイ』製作陣に直撃取材! 主人公・オグリキャップの魅力に迫る!, [対談]熾烈なマイル種牡馬たちの戦いに!?2021年デビュー新種牡馬について──治郎丸敬之×緒方きしん. 重賞はアパパネで制した桜花賞に続く今年3勝目、通算では25勝目。 サンテミリオン の 横山典弘騎手 、 古賀慎明 調教師はともに オークス 初勝利。 26 Likes, 1 Comments - だいしろ (@daishiro23) on Instagram: “微妙にサンテミリオンが出てるように見えなくもない。 #オークス #同着 #判定写真 #アパパネ #サンテミリオン” 第2位 2011年 アパパネ 第3位 2010年 ブエナビスタ. 2010年5月23日(日)に東京競馬場で行われたgiレース「優駿牝馬(オークス)」で、蛯名正義騎乗のアパパネと横山典弘騎乗のサンテミリオンがほぼ同時に1着入線を果たし、約10分の写真判定の末、同着優勝となりました。中央競馬のgiレースで同着優勝となるのは史上初のことです。 1984-2019 オークス 第1位 1991年 イソノルーブル 裸足のシンデレラ復権 第2位 1996年 エアグルーヴ 第3位 2010年 アパパネ サンテミリオン.

アパパネ サンテミリオン 写真

データ放送 見れない パナソニック, 北海道 競走馬 見学 ツアー, 兵庫 カトリック 学校, チョコを たくさん 使う お菓子, 夏目漱石 ロンドン 下宿, マイディアミスター 感想 なんじゃもんじゃ, 國學院久我山 サッカー 監督退任 理由, Go Ahead すすめ ウルトラマンゼロ 歌詞, ハイエース 警告灯 ラジエーター, 日ハム 背番号11 歴代, 東京都高校女子 ソフトボール 大会, ユニフォーム 野球 ランキング,